ONEPIECE 881「波の部屋」

   




巨大な高波に襲われ、サニー号は絶体絶命・・・かと思われた。


しかし、ただ1人冷静さを失わなかったジンベエがサニー号の舵と帆を一人でコントロールし、


高波のチューブの中をくぐるという離れ業をやってのけた。

ちなみに「タッキング」とは船首を風上へ向けること、「グリーンルーム」とはチューブで出来た筒の中の空間を指すサーフィン用語だ。

ええ船とええ航海士もおる。操舵が良けりゃこの船は無敵じゃのぅ

これまでは荒天や異常気象の中でも、ナミの指示でただ力任せに舵を取るしかなかったサニー号。そう、麦わらの一味には船の挙動を自由自在に操る「操舵手」が居ないのだ。


こんな操舵手見た事ない!!
僕としては、ここではまだ「こんな操船見た事ない」とかいっておいて欲しかった。「ジンベエ=操舵手」の図式ができちゃったじゃんよ。麦わらの一味「操舵手」ジンベエ(9人目)・・・もうほぼ確定だなぁ。

チューブの中を、200〜300mは横へスライドしたのだろうか、見事高波を回避したサニー号を、ペロスペローは撃沈させたと誤認した。


こっちは全部片付いたぞ!!

いやいや・・・ママは正気を失っているから気付かないのは仕方ないとして、生きてる高波が自分の腹を横断したサニー号を見失うのはおかしくないか? まぁ高波の「どの部分」までが生きているかは判別しにくいから、「ただの海」のところまで逃げ切ったということなんだろうか。

ま、倒したと誤認したんならそれは別にいい、間抜けだけど・・・。


でも撃沈する直前に自分でも言ってたように、サニー号を沈めるということはケーキを失うということ。ケーキを食べないとママは正気に戻らない。

プリンが(家族のためにww)作ってくれているケーキを食べさせるために、ショコラタウンへ誘導するつもりなのだろうが、さっき命がけでルフィに罪をなすりつけた「ケーキの行方」を、「本当はカカオ島に用意してる」と言ったところで、ママが素直に信じてくれる保証はない。ママがそっちへ向かってくれたとて、きっちり食べて正気に戻るまで「全部片付いた」なんて、気が早いにも程があるぞ、ペロス兄。

とりあえずの危機を脱したサニー号は、前回のルフィの指示の通り船内の鏡をすべて破壊。


ブリュレたちは、サニー号が沈んだため鏡は全て水圧で割れたものと勘違いをした。これでサニー号に追手は掛からない。あとはカタクリ&その他を倒すだけだ。

ルフィがカタクリとの戦いに集中できるように、ルフィの帰路を閉ざしたナミ。ルフィ一人を鏡の「向こう」に置き去りに…。これはいずれも、互いの信頼なくしてはできない決断だ。

そして、「こちら」で苦戦していることをナミたちに悟らせないために、ルフィはカタクリの攻撃に声を殺して耐え、通信を終了した。


ジンベエだけは気づいたようだが、これでナミたちは何の憂いもなく自分たちの任務に没頭できるだろう。


迷いと後顧の憂いを解消したルフィは、ここから挽回できるのか。
次回、休載!!!

さて、扉絵特集は


サイ編最終回「首領サイ♡ベビー5の結婚」

正式に首領となったサイとベビー5ちゃんはめでたく結婚した。
許嫁ウホリシアとの縁談を破談にしてしまったため、八宝水軍は二宝水軍と合併して十宝水軍となることはない。
もともと、後継ぎとしてのサイの素養に物足りなさを感じていたチンジャオが、軍を強化し国内での地位を盤石とするための政略結婚だったと思われるので、サイが首領としての自覚に目覚め、奥義を極めた今となっては、八宝水軍の将来が揺らぐ不安はもはや無くなったのだろう。

なにはともあれ、ベビー5ちゃんよかったね。もう本名名乗ってもいいんじゃね?

次回からは、破壊砲イデオとブルーギリー(とブッチャー&ジェットシン)
どんなドラマが待っていることやら。

 - ワンピース