Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 797「レベッカ」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

レベッカの出生を詐称したのは、誰あろうキュロスだった。
この10年間絶えることなく抱き続けた怒りも、悲しみも、復讐心も
リク王への忠誠も、すべてケジメが付いた。
op_797a.gif
唯一の心残りはもちろんレベッカのことだが、
国民のため、王家のため、そして何よりレベッカのためを思えば
自分ひとりが姿を消すのが最善であると、
詭弁ではあるが、自分の中で納得するポイントを見つけた。
ルフィがやり残したこと。
それはレベッカに後悔をさせないこと。
今回の主役はレベッカ。
ルフィは、本当にそれでいいのか確認しにきただけだ。
op_797b.gif
ビビの時は、ルフィも己の欲求を吐き出さずにいられなかったが、
それは「仲間」の正式な参入と別れの瀬戸際で、他人事ではなかったから。
今回は違う。
ルフィたちはあくまで他人。
最終的な決断はレベッカ本人にしかできない。
op_797c.gif
結果、母スカーレットと同じドレスを纏ったレベッカは、
op_797d.gif op_797e.gif
母と同じように王女の地位をかなぐり捨て、
「兵隊さんと一緒に暮らす」という長年の夢を叶えた。
op_797f.gif
ようやく、その手で我が子を抱きしめたキュロス。
これまで戦いにしか自らの存在を見出だせず、
人を殺めた咎に自身を縛り付けてきた呪縛から、本当の意味で解き放たれた。
思えばスカーレットも、単に自分のわがままを通したのではなく
キュロスの純粋さを真に理解し、愛情と温かい家庭をもって
魂を束縛する鎖から解放してあげたかったのだろう。
それは、キュロスが王家に婿入りすることでは叶えることはできなかったのだ。
余談だが:
キュロスの脚が、やはり1本だ。
794話の
op_797g.gif アレは・・・
やはり描き間違いだったのだろうか・・・
もひとつ余談だが:
op_797h.gif
バスティーユ中将の仮面が新しくなっている。
op_797i.gif
サボに仮面を砕かれたときに、素顔晒してたんだから、
op_797j.gif
今さら新しいの被らなくても良さそうなモンだが…
「予備」を持ってきてたのかな。
新しい仮面は「角」がガイキングみたいに段々になっている。
あーそうそう、重要な事を忘れてた。
op_797k.gif op_797l.gif
ルフィを狙う海軍の狙撃部隊の銃が揃って不発で
一斉にぶっ倒れたのは何でだろう。覇王色の覇気ではないらしい。
海兵たちの腕の「星」も気になるが、
こういうことができそうな能力者はちょっと思い浮かばないし、
トンタッタたちの仕業・・・なのかな。
「銃を不発にさせて、大勢の兵を一度にぶっ倒す」
・・・シーザーの能力ならできそうだな、と思ったが
今ここに戻ってきているとも考えにくい。
まぁ、今回もっとも大事なことは
op_797m.gif
扉絵のたしぎちゃんが、相変わらず可愛い
ということですよ。
08.26.追記:
姿を消したローは、センゴクと話をする方法を模索している気がします…

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 二足歩行たぬき より:

    バスティーユ中将は目元の傷(刺青?)を隠してるんでしょうかね
    星は限界まで献ポポした猛者を称えるシールで献ポポ中に弾抜いといたとか?
    狙撃部隊倒した能力者はローかなーとも思ったり

  2. 向日葵 より:

    きっと妖精の仕業だと思います。
    笑って許しましょう。
    ルフィは、わざわざ走らなくても
    腕を伸ばして移動すれば良いのに。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2015 All Rights Reserved.