Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 903「5番目の皇帝」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

WCI編は終了した。

あれだけ勿体つけて、満を持してサーヴしたサンジのスペシャルケーキは、ママを恍惚の絶頂へいざない「食いわずらい」を終わらせたが、ママの記憶や感情、また戦況に何ら影響を与える効果はなかったらしい。

茶会の招待を断っただけで大事な人の首を切るというママの怒りの落としどころはいったいどうなったのか。そして何より、ジンベエと魚人たち、ジェルマ66はどうなったのか。全滅なのか無事なのか。

他にも、気になることがたくさん未解決のままサスペンデッドゲームになってしまい、僕ら読者はいろいろとスッキリしない。


しかし世の中は、長年歯向かうものがいなかった四皇に真っ向ケンカを売った麦わらのルフィの功績と将来性、話題性に色めき立っていた。


ルフィが一躍「時の人」としてその活躍が報じられることを喜ぶ者、驚嘆する者、歯噛みする者とさまざまだが、これはかつて扉絵特集で二度展開された「世界の甲板から」の構図。


今回の事件のおおよそすべてを見聞きしたモルガンズの仕業である。


ただ、事実だけに留まらず真贋怪しい情報に多分に憶測を交え、不要に大衆を扇動して盛り上げているきらいがある。

モルガンズは、ルフィを含む「最悪の世代」の中から次の海賊王が生まれると見込んでいるようだが、自分がペンの力で海賊王を創りだそうとでも言わんばかりの煽り方である。 キャベンディッシュとバルトロメオが情報提供者になってしまっているのは…仕方ないか。
えてしてマスコミとは、自分に都合のいいように事実を誇張し、ときにねじ曲げ、世論を誘導するものなのかもしれない。


久々登場のコビーは着実に実力をつけ、並みならぬ見聞色の覇気も身に付けて、その名声はある程度世間に轟いているほど。


コビーが市民を守って活躍したという「ロッキーポート事件」とは、詳細は不明だが、ローが首謀者とされている事件で、ドフラミンゴ陥落前のローを語る代表的な事件とされていただけに、その規模や影響の大きさが伺える。かの事件で、ローとコビーの間に因縁が生まれていたならそれも面白いだろう。


サンジの手配書は「DEAD OR ALIVE」に戻り、懸賞金は3億3000万ベリーと、ゾロより高額となったが、今回の騒動でその素性が明らかになってしまったため、ヴィンスモーク・サンジの名義に改められてしまった。ショックを受けるサンジが言うように、ジェルマの悪名が懸賞金の算定に影響しているかどうかは不明。

そして我らがルフィの懸賞金は…


なんと驚愕の15億。15ベリー置くんとちゃいまっせ、15億ベリーでっせ。

ドフラミンゴを倒したときには4億から5億に上がった程度だった。(それでも破格の増額だっただろうが…)
その後、秘かに7つの海賊団と5000人の部下を傘下に抱え、今回はジェルマ66とタイヨウの海賊団とファイアタンク海賊団を瞬く間に味方に引き込み、8億と10億の幹部を倒し実力を示し、その他もろもろビッグ・マムに赤っ恥をかかせた。

それらの功績(?)が正当に評価され懸賞額に反映されているのは、モルガンズの記事以外にも、CP-0:ステューシーが政府に持ち帰った情報に依るものが大きいだろう。
年齢不詳のステューシーが、もしカルメルによって政府に売られた羊の家出身者だったりすると、マムの記憶とカルメル失踪の真相が明らかになるくだりが面白くなりそうだなあ。

さて、しばらく物語は「世界会議編」になるらしい。


展開的に麦わらの一味がニューマリンフォードに駆けつける様なことはなさそうなので、舞台裏の話になりそうだが、今週号のジャンプの表紙絵がアラバスタのビビとコブラ王(とカルー)なので、彼女らの活躍に期待しよう。

なにしろ、コブラは世界会議で問い質したいことが山のように有るそうだし、何より、ビビは麦わらの一味の「仲間」だからな。
このシリーズ中に、コブラ王逝去→ビビ女王誕生となりそうな予感。コブラが体調不良から絶命するか、誰かに暗殺されるかはわからないが、すごく死にそう…


あと、余談だが:


新聞に「白ひげの息子」を自称するエドワード・ウィーブルが載ってるんだが、「WARNING」と市民に注意喚起しているということは、社会の敵扱いをされているということだと思う。


そもそも、強さだけは間違いないから素性などどうでもいい、と王下七武海に抜擢されたのだが、民間の被害が甚大だと以前から問題視されていた。
この「WARNING」が、海軍側の味方だけど、この男凶暴につき皆さんくれぐれもご注意を。という投げっぱなしの注意喚起なのだとすれば、海軍は無責任にもほどがある。
それとも、あまりに素行が悪すぎるのでもう罷免されたのか?以前は政府側の立場だったこの男、今ではただの凶暴な海賊なので皆さんご注意を。という意味の方がなんだか納得できる。
後者の可能性あるよなあ。おかんの言いなりで道理もへったくれもないし、いかにも何かやらかしそうだもんなぁ…。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. かな より:

    だいぶ遡りますが、第742話にてドフラミンゴを倒そうとルフィがした時にロー曰く”元々は、工場だけを破壊してカイドウを怒らせてドフラミンゴと衝突させるつもりだった!それが、そのドフラミンゴを倒すとしたらカイドウの怒りは俺たちに向けられる!”と言ってました。そして、ゾロもゾウにて”工場を壊した今、じき戦うことになる”と言っていました。それを思い返して、今回のサンジ奪還のためにホールケーキへと(ルフィ組が)行ったことは大正解だと思います。何故なら、今回そこで(今は一旦別れており恐らく無事だとは思いますが)ジンベエの加入・カタクリ戦で得た見聞色の覇気&新技スネイクマン、挙げ句の果てに懸賞金も大きく上がりました。もし、そのまま和の国へ行っていたら戦力不足だったと思いましたし。勿論まだまだ油断は禁物ですがね…。

  2. 匿名 より:

    コビーもまた未来が見えるのか、それとも尋常ではない範囲を感じることができるのか。。。

  3. 匿名 より:

    15ベリー置くんとちゃいまっせ、15億ベリーでっせ。

    これは、トミーズのネタですね。懐かしい!

  4. 流星群 より:

    「白ひげの息子」ウィーブルの上にある、ベガパンクの記事も気になりますね。

  5. 匿名 より:

    ゾロ達は、どんな反応をするのかな?
    それと、カタクリを超えたということで兄弟達はどんな反応をしたのかそっちも気になります!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2018 All Rights Reserved.