Cogito, Ergo Sum

短期集中表紙連載「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

次週はワンピが休載なので、少し溜まっていた扉絵特集を更新した。

現在、短期集中表紙連載は、第24弾「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」を連載中。

ビッグ・マムの暗殺を企て失敗、その後ママの食いわずらいを治める至高の特製ウェディングケーキを囮さながらに運搬し、船を失いながらもなんとか逃げおおせたファイアタンク海賊団の後日談である。

Vol.08 「姉妹なのかい!! ローラなら数日前にドレスローザへ」

食糧調達のためにたまたま立ち寄ったドレスローザで、偶然にも双子の妹ローラの消息を掴んだシフォン。
ローラの一斉大捜索がはじまった。

Vol.16『ベッジの妻シフォン、美容室にて海軍に捕まる!!』

世界会議出席のために王とその警護が不在であるスキをついて、国を荒らしにきたバイキン海賊団が広めた「キス魔」の群れによる混乱の中、ベッジを捕らえにきた海軍にシフォンが捕まってしまった。

バイキン海賊団はあっさり撃退したものの、ベッジとヴィトが「キス魔」の群れに翻弄されるのを余所に、シフォン奪還に奮闘するゴッティ。

Vol.22 「おかみさん救出成功!!」

海軍船を襲撃し、その混乱に乗じて、ゴッティは見事シフォンを連れ戻すことに成功した…かに見えたのだが…

Vol.23 「誰だか知らないけど、助けてくれてありがと♡」

「誰だか知らないけど、助けてくれてありがと♡」

現在公開されているのはここまで。
シフォンだと思ったのが、実はローラだったらしい。

考えてみれば、つい最近までローラがこの国にいた手がかりを掴んだなら、居ても立ってもいられない状況で、のんきにヘアサロンで雑誌読んで待っていられるものだろうか?

だが、ファミリーの結束は固い。任務に実直でおかみさん愛に溢れる手下に捜索させて、自分は居所を定めて吉報を待つのが合理的であり、かつ、育ちのよいシフォンには当たり前の方法論であるようにも思える。

ふたりは、いったいいつ入れ替わってしまったのか。

まず、Vol.16でヘアサロンに入って来た海兵だが、彼らがベッジを捜していたことは、手配書を手にしていることから分かる。

Vol.18 「ゴッティ VS 海軍」

また、シフォン(と覚しき女性)を連れ去り、ゴッティを蹴り倒した海兵は同一人物に見えるので、この時点でふたりは入れ替わっていない。

そして、ゴッティは意を決して、単身海軍船を襲撃し、そこからなんとか連れ出したのがローラであったのなら、シフォンはまだ海軍船に捕らえられたままである可能性がある。

次に、ヘアサロンで捕まったのが最初からローラであった可能性だが、手前に倒れている男が、服装からしてファイアタンク海賊団の構成員っぽいことから、それは考えにくい。
…まぁ、ローラのローリング海賊団には、スーツを着こなすような伊達男は居なかった気がするものの、我々が見たときの彼らは、2年以上森の中で人目を忍んで暮らしていたため、必要以上にみすぼらしかったことは否めない。
ローラだって、スカートにハイヒールや、ヘアサロンで身奇麗に整える印象はカケラもなかったが、元がお嬢様なのだからそういった素地はあっただろう。

まとめよう。
現時点で僕が考える可能性は三つ。

ひとつは、ヘアサロンで海兵に捕まったのはローラで、ゴッティが助け出したのもローラ。シフォンは無事、今もローラを捜している。

ふたつは、ヘアサロンで捕まったのはシフォンだが、ゴッティが助け出したのはローラだった。この場合、シフォンはまだ海軍に捕まったままである。

みっつは、捕まったのも助け出されたのも紛れもなくシフォンだが、海軍に捕まっているわずかな間に酷い拷問を受けたのか、記憶を失いゴッティが分からない。この場合、ローラは未登場。

さて、双子の姉妹の再会は叶うのか。ローラとゴッティにロマンスは芽生えるか。そしてローラの失恋記録は現在どこまで更新中なのか。

残念ながら、次回は巻頭カラーなので、続きはその次までおあずけだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ブリン より:

    人の区別がつかなくなる能力者にやられてるのかな、と
    北風と太陽じゃないですけどその方が拷問とかより
    情報をスマートに引き出せるのかもしれませんし。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2020 All Rights Reserved.