Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 883「おやつの時間(メリエンダ)」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

ルフィは満を持してギア4thを発動しようとしたのだが、ルフィのことを決して甘く見ていないカタクリはそれを全力で阻止。

しかし、窒息必至の「加々身モチ」で、決着がついたと早合点したのはカタクリの油断である。
毎日決まって3時きっかりに設定している「おやつの時間(メリエンダ)」を、すでに40分も過ぎていたからだ。

「糖分こそ力の源!」であると、メリエンダを何者にも邪魔されたくないカタクリは、モチで「社」を拵えて中に篭った。カタクリにとってメリエンダが只ならぬ神聖な儀式であるという演出が「コレ」なのだろう。社がなぜ「ワ風(和風)」であるかの説明はおそらくされることは在るまいが、この際置いておく。(「おやつ」はスペイン語なのにな)

程なくして、ルフィは「加々身モチ」を食い破って脱出。
社の中の気配を察知したルフィは問答無用で社を破壊。するとそこには…

横になってドーナツを頬張り満悦する、緩みきったカタクリの姿が。

まず、口が裂けていることは、予想できたので驚かない。
そして、寝転んでものを食べること、食べ物を枕にすること、紅茶をだらだらこぼすこと、これらが本来正しい行為ではないことを理解した上で、カタクリはわざわざ外界を遮断し人払いまでして、あえてしている様なので、この際、行儀やマナーについて問おうとも思わない。

問題は、気高く、冷静で、強く、完璧で、人生で一度も横たわったことがない超人であるはずのカタクリが、真の姿を露呈してしまったことだ。

あ〜あ、だから僕は言ったのだ。誇りとするのは「戦いで地に背をつけたことがない」だけにしておけと。
「生まれてこの方、地に背をつけたことがない。横たわったことがない。」なんて、たしかに凄いけど偉くもなんともない伝説を背負い込むのは負担になるだけだ。しかも、それが虚偽の伝説だったなんて恥ずかしい事この上ない。


カタクリお兄ちゃん、逆ギレww

秘密を知られたパティシエたちを始末し(酷い!)、ルフィに向き直ったカタクリはやはり強い。


しかし、ルフィの攻撃がほぼ初めてクリーンヒット!


そこに突破口を見出したルフィは、ギア4thを発動!
反撃開始の鐘がなる!!

ルフィの攻撃は、カタクリの顎を捉えた。
これまで頑なに口元を見せなかったカタクリが、その素顔と食事シーンを見られたあとの出来事だ。その口元や顎が弱点である可能性もあるが、


顎に一発入る前の瞬間に、ルフィは何かに気づいている。

カタクリが、ルフィの攻撃を真っ向から受けることも避けることもせずに食らったのは「見聞色の覇気」が働いていない証拠だ。「見聞色の覇気」を極めに究めたカタクリにして、油断して覇気を解いていたなどということは有り得ない。


では、ルフィが気付いた「カタクリの”能力”」の秘密とは何か。


以前「ゴムゴムの鷹ガトリング」を武装硬化した無数の腕ですべて叩き落としていたので、「見聞色」と「武装色」を同時に使えないということはなさそうだ。しかしそれとは別に、何らかの理由で「見聞色」を使えなくなる時があることは間違いない。

そもそも、カタクリほどの「見聞色の覇気」の使い手なら、社の中からでも復活したルフィの気配に気付かないはずはない。それだけ「メリエンダ」に集中・没頭していたと考えることはできるが、それだと”今”ルフィが何かに気づくきっかけにはならないだろう。

カタクリには、決して侮っていないルフィの始末を確認することに気がまわらないほど「メリエンダ」を急ぐ必要があり、「メリエンダ」の最中には「見聞色」が使えず、「メリエンダ」を中断した今も「見聞色」が完全に機能していない。この意味するところは「燃料切れ」である可能性が高い。

極めて精度の高いカタクリの「見聞色の覇気」は、すこぶる燃費が悪く糖分の補給が欠かせないと考えると、とりあえずの辻褄は合う。


顎に一発もらったあと、カタクリが顎を庇っているように見えるのが気になるがなぁ。

あと、「メリエンダ」のために非戦闘員のパティシエたちがそばに控えていたのに、ブリュレや他の兄弟たちがこの戦いを見守っていないのは、少し不自然だなぁ。そうじゃないと、ルフィがギア4th使いにくいだろうけど…

ついでに余談だが:

パティシエたちは「カタクリが食事するところは誰も見たことがない」って言ってたけど、

普通に飲んで食ってたよな

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 匿名 より:

    俺はお前をみくびっちゃいない→悪かった死を見届けもせず!
    少しイラ立っていたんだ→我慢の限界だったんだ!!
    俺の食事シーン→俺の真の姿

    喋るほどに本音が駄々漏れになっていくマン

  2. ざっきぃ より:

    カタクリの強さの秘密は
    《見聞色》と《武装色》の使い分けじゃないでしょうか?
    “鷹”のときは無数の拳の軌道を読むために
    見聞色を優先したから打ち落とすに終わったけど
    “象”のときは単発で軌道がハッキリわかってたから
    武装色を優先させてルフィを圧倒した。
    ・見聞色特化→少し先の未来を読める
    ・武装色特化→「カタクリ様のはもっとでけぇ~!!」&角モチ

    そんなカタクリ打破の糸口は『食いながら戦うこと』かなぁ。
    ルフィは『戦う』と『食う』を一緒に出来る(回復が出来る)けど
    カタクリは両者を完全に区別してるから回復が出来ない。

  3. あさのきしだ より:

    >以前「ゴムゴムの鷹ガトリング」を武装硬化した無数の腕ですべて叩き落としていたので

    武装と見聞、確かにカタクリは同時に使ってるようなシーンもありましたが
    もしかすると、未来予知レベルの見聞色で読んでおいた敵の動きに、後から武装色の攻撃を、予定通りならぬ予知通りに繰り出してるだけ…という可能性は
    つまり、厳密には同時に使っていない。ならば見聞重視に切り替える隙を与えず畳み掛ければ、あとは武装色と戦闘センスの勝負ということに?
    カタクリの戦闘シーンを1から検証してみたい…。しかしこれ全ての戦闘シーンを見直すと分かるような弱点だったら、尾田っち先生の伏線改めて恐るべしです。無敵にしか見えなかった

    • BIE より:

      そういう可能性も含めて、カタクリバトルを全部見返したつもりなんですが、やはりハッキリとは分からないのです。
      これはオダッチが巧みなのか、僕がポンコツなのか・・・

  4. じぇにふぁ より:

    すこし注目したのは、ルフィが見分色を声といったこと
    色を声として聴けるルフィは、カタクリの見分色よりも格上なのかもしれないと。。。

    カタクリが受けに回っているときは、見分色がつかえているが、攻撃に転じているときには見分色がつかえていないってことじゃない?

    • BIE より:

      >見分色を声といったこと
      興味深いですね。「万物の声を聞く」能力と関係があるかもしれませんね。

  5. 流星群 より:

    武装色に割合を高めてて、見聞色が弱くなったのかな、とか思ってました。全色を使うのは流石にしんどいとか?

    個人的には、モチをルフィが食べてて、カタクリの身体だよなぁと思って「うえっ」ってなりました笑

    • バトラー より:

      ロギアだと体ですが、パラミシアなのでモチは分泌物みたいなものでしょう。(ドルドルのように)
      特殊なパラミシアとのことなので、自分の体そのものも、モチ化できるようですが、そのモチは分離できないのだと思います。

      それに、このシーンの場合は覚醒したモチ能力なので、周囲のものをモチ化しているようなので、分泌物でもなく、全く別の物体ということだと思います。
      で、モチ化しているので、もう「モチ」なんでしょう。

  6. カンザシ より:

    成程、カタクリの「ガス欠」ですか~。
    自分はいささか唐突ではありますが、ルフィの見聞色がカタクリの域に到達する予兆なのかなどと印象を受けました。格上の覇気使いと戦闘することによって感化された、みたいな。

    カタクリの食事姿は、どんどん伝説となっていく兄妹たちの期待に応えるべく気を張っている普段からの解放なのかなとも。
    まだ妄想の域を出ませんが、変に人間味があってカタクリの好感度が上がっています(笑)

  7. IZM. より:

    実はルフィよりも消耗が激しい体質?
    基本受け(相手に対応する戦い方)だったのも
    極力消耗せずに済ましたかったからで。
    それか、一度にモチ化できる量(or密度)には限りがあるとか。
    なんにせよ、ルフィが避けようとした方向に攻撃が”きてない”事からも、
    見聞色使えてない可能性が高いですよね。

    あと、鷹ガトリングのとこ
    「見聞色」と「武装色」じゃないですか?

  8. あゆ より:

    今気づきましたが、シャーロットの子供達はプリンだけでは無くブリュレなどコンプレックスがある人物がいますね。となると、もしかしたらカタクリも…?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2017 All Rights Reserved.