Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 564 「世界を揺らす男」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

スクアード謀反の真相を知り、白ひげの覚悟を再認識
op_564a.jpg
怒りの矛先は海軍へ。ボルテージが上がりっ放しです。
その流れに乗らず、悔やみ泣き崩れるスクアードと
op_564b.jpg 冷静にたたずむマルコ
泣くことが報いる事か
自分たちには為すべき事がある。償い、報いる事はここで尽力する事
と、スクアードを諭すマルコの表情には、怒りや興奮よりも
むしろ
オヤジ白ひげの衰えを目の当たりにした事と
白ひげが死を覚悟した戦いに踏み出した事への心配、戸惑いが表れているのか。
・エースを救う
・ルフィを死なせない

という使命を負った1番隊隊長は、
もはや、ただそれを遂行できれば御の字では済まなくなりました。
1番隊隊長と言うからには、白ひげに次ぐNO.2でしょうから
この戦いで白ひげがどうなるのか、
戦いの後に何が待っているのか、気にならないはずはありません。
ようやく出番らしい出番が訪れたジョン・ジャイアント中将と斬り結ぶ白ひげ
op_564c.jpgop_564d.jpg 空間を掴んで巨体を投げる様は、
ジンベエの魚人柔術のようでもありますが、
op_564e.jpg スケールが違いました。
島ごと海を揺さぶる白ひげ
10万の海兵に檄を飛ばす猛者:ジョン・ジャイアント中将を軽く袖にしますが
op_564g.jpg 大将には通じませんでした。
op_564h.jpg そして張り巡らされる鋼鉄の“包囲壁”
倒れたオーズの巨体が重しとなり、一部作動していない箇所があるそうで
そこが突破口となるのか否や。
しかしそこへ降り注ぐ、赤犬の流星火山 op_564i.jpg
なんだか未曾有の大災害って感じになってきた。
話のスケールでかいし、白ひげ海賊団のキャラもみな魅力的で
未だ謎に満ちたドフラミンゴや赤犬の能力
パシフィスタになってしまった”くま”の顛末は・・・と
気になることが目白押しなんですけど、
僕個人的には、ルフィがいまいち蚊帳の外っぽくてつまらない。
さて、どうなる次号
次週は本編と映画連動読切「第0話」の2本立てだそうです。
「第0話」は劇場限定の特典だと思っていたので(3000部限定と聞いたような…)
いや、単純にうれしいッスね。楽しみだ。
追記:
入場者プレゼントは「ONE PIECE 巻零」で
3000名限定は、クイズで当たるOVA「EPISODE:0」でした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2009 All Rights Reserved.