Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 608 「海底の楽園」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

ルフィが手下になることを拒否したため
op_608a.jpg
海獅子をけしかけるハモンド
サニー号はクード・バーストでダッシュして切り抜けるものの
op_608b.jpg
魚人島の巨大シャボンの側面に勢いそのまま突入
1層目の空気の層に突入する際にサニー号のシャボンはズル剥け、
op_608c.jpg
2層目の海水に無コーティングでダイブ→遭難
op_608d.jpg 無茶な入国をしやがる
正しい入り口は前回のレビューで書いたタツノオトシゴなのでしょう。
ハモンドたちも追うつもりはありますが、
一端「ノア」へ戻ってボスに報告すると。
あと敵対組織か身内のライバルグループか「ネプチューン軍」なる名前が。
先週来
各所でハモンドの後ろにいる刀を持ったタコに注目が集まっているようです。
なんだか良さげな刀を携えていることから
op_608i.jpg
魚人島にいるらしいハチ以上の剣の使い手というのが
彼ではないかというのですが
op_608j.jpg
COLORWALK2に載っていたラフスケッチの魚人とは
似ても似つきませんね。
しかもこの人は”魚人”ではなく”人魚”です。
op_608k.jpg 参考資料
op_608e.jpg
ルフィが気付くとそこはケイミーの家
一同ケイミーに連れられて人魚の入り江へ。
op_608f.jpg
op_608g.jpg サンジはバラティエを去るときよりも超号泣
麦わらの一味は、メンバー半分しか助けられてないので、
残りは、先に「ネプチューン軍」とやらと接触してるかもしれませんね。
カリブーを詰めた樽も入り江に流れ着いていたので騒動になるでしょう。
その頃、ボスに報告に戻ったハモンドは激ビビリ
新魚人海賊団のボスらしき人物
op_608h.jpg 連れてこいよ・・・ここへ!!!
アーロンとはまた別のサメ系の魚人じゃないかという声をいくつか聞きましたが
ボクは「ブダイ」ではないかと予想します。もしくは「コブダイ」
かぶりもののように見えるのはオデコではないかと。
大きな額は「コブダイ」の特徴ですが
ブダイにもコブダイほどではないにしても額の大きなものがいます。
fish_21large.jpg しかもブダイの歯って凶悪ですもんね。
そんなことより、左おでこにトライデントの刺青のようなものが見えます。
トライデントといえば海神ポセイドンが持つ三叉の矛
ワンピで”ポセイドン”といえば古代兵器の名前ですが、ここではたぶん関係なく
ポセイドンとネプチューンは同義なのでそっちと関係ありそう。
ネプチューン軍との関係はいかに!?
あと、”方舟”風アジトが”ノア”とか、魚人島の貧富格差の問題とか、
ちょっとややこしそうですね。
追記:
“おでこ”だぜ! “ブダイ”だぜ!と言っておきながら
三叉の矛のマークが入ったベレー帽とかいうオチだったらどうしよう・・・

この記事を書いている人 - WRITER -

ONEPIECE 608 速報

 




この記事を書いている人 - WRITER -

魚人島へ強引に入国
サンジ感激〜!!
本スレはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2010 All Rights Reserved.