Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 639 「全部守る」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

扉絵はイガラム&チャカペル+テラコッタさんとクンフージュゴン
今週は特に言いたくなることないな。
本編です。
前回、怒り心頭でデッケンを刺したホーディ。
デッケンを殺し、マトマトの呪縛が解かれたノアを
このまま魚人島に垂直落下させるつもりのようです。
ホーディのねらいはネプチューン王国の乗っ取りだったはずなので
よしんば魚人島が崩壊しても竜宮城さえ健在なら
王国としての体を保てるということでしょうか。
しかし我らがデッケンさんも只では殺られません。
以前ハチに使った左手でホーディをロックオン!
op_693a.jpg(それ右手)
斧を投げつけるも、盾にされ
op_693b.jpg 自らの斧に斬られてしまいました。
デッケンが負傷(死亡?)したことでノアがどうなるかはまだ明言されていませんが
ここで思い出されるのは、ハチに対して能力を披露したときのことです
op_639g.jpg
「防ぐ方法はいくつかある」
以前、しらほしに向かって投げられた人間ミサイルの海賊たちは、
硬殻塔にぶつかった後、起ち上がってから再度しらほし目掛けて
進んでいくことはありませんでした。
おそらく、一度静止させることができれば、
投げたものはマトへの追跡をやめるのです。
ここら辺にノアを止めるヒントがありそうで、尚且つ
デッケンがホーディに触れたことは、
今後重要な場面で役に立つような気がします。
相変わらず、カリブーだけが何のために登場しているのか不明です。
海の王者が泳げないなんてちゃんちゃらおかしい。
お前には誰も救えやしないというホーディに対し
op_693c.jpg
全部守る!そのための二年間だったんだ!!と自信満々のルフィ。
熱い。熱すぎてかっこいい。
かつてアーロンと対峙したときに、
おれは剣術を使えない。航海術も持ってないし、料理もできなければ嘘もつけない
しかしお前を倒せる
op_639h.jpg
同じゴールにたどり着く方法論はひとつではない。
仲間を信頼し、ある意味割り切った役割分担がルフィの頭にはありましたが
仲間ひとりも救えなかった2年前の挫折を経て
自分がこうでなくてはいけないという“枠”が大きく成長したように思えます。
広場ではデッケンに置き去りにされたワダツミが
ゼオにいいように使われ、ジンベエ&サンジというよく分からないペアと戦うことに。
op_693d.jpg
ワダツミが転倒して起きた爆風に煽られたナミを
必要以上に気遣うのはいつものことですが、
サンジはまだジンベエを信用していないのかもしれませんね。
一方、酒のツマミにE.S.をかじっていたら
いつの間にか第二形態に変化していた人斬り上戸のヒョウゾウが、
敵味方関係なく斬りまくりロビンに迫る。
op_693e.jpg しかしその間に割って入ったのはゾロ。
op_693f.jpg
新世界前の肩ならし・・・余裕ですね。
この2年間のゾロの成長を測るには、やはり剣士を相手にするのが一番なのでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2011 All Rights Reserved.