Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 708「曲者達のコロシアム」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

Bブロック予選
善戦する者、機会をうかがう者、強さを見せつける者がいれば
当然、力及ばず敗北する者がいる。
ひとり減り、ふたり減り、残すところ30人余り。
・・・ぶっちゃけ、さっさと終わってほしい。
そんな中、地道に、愚直に勝利を積み重ねる男がひとり。
op_708a.gif 魚人格闘家ハック
みたところまさに「愚直」
飾る言葉もない。夢を語る仲間もいない。
ただ強さを追い求めることの中にしか自らの指針を見いだせず
強さを極めること、研鑽することでのみ自らを表現し
その後に正しい答えが出ると信じる純粋すぎる格闘家。(たぶん
魚人族の過去と現実、
オトヒメやタイガー、ジンベエの苦悩も充分に知ったうえで
ただひたすら拳を突き出すことにしか解を求められない
「Don’t think. Feel.」を追求する余り
右脳が退化したとしか思えない悲しい男は、やはりかませ犬でした。
バルトロメオがその強さの片鱗を見せ始めた。
防御なのか、カウンター攻撃なのかわからない。
op_708b.gif
仕掛けたハックの”四千枚瓦正拳”は、その己の破壊力に敗北する。
op_708c.gif
魚人空手の真髄は水の制圧とジンベエは言います。
ワダツミの巨体を止めた“七千枚瓦回し蹴り”
水の波動を使っているのか超強力な発勁“無頼貫”
ジンベエの卓越した達人の技と比較すると
ハックの技はただ腕力に頼った、拙い力業に見えてならない。
残念ながら格が違いました。
一方、ガープへの積年の恨みを孫のルフィで晴らすと
op_708d.gif
見る間に怒りゲージを溜めていく、花ノ国の生ける伝説。
一見して温厚そうに見えるドン・チンジャオ
花ノ国とはまず間違いなく中国をモデルにしており
“老師”とか”仙人”と呼ぶに相応しい風格は
精神の昇華具合も達人の域かと思いきや
個人の恨みを他人で晴らすという、理不尽な思考回路
因縁を付けられたルフィを庇ったり
礼は入らぬと固辞したり
孫達の方がよっぽど精神修行ができた格闘家に見えます。
彼らには「真の目的」なるものがあるようで
それが何なのかはまだ分かりませんが
狙いが「メラメラの実」であるならば言葉を濁す必要はないわけで
何か別の目的を持ってこの大会に乗り込んできたと思われます。
根拠はないが
SMILEの秘密を探りに来ているか、もしくは
ドンキホーテファミリーの誰かを殺しに来ているんじゃないのか。
とにかく、ルフィと同じ方を向いて闘う伏線だと思います。
op_708e.gif
ドン・チンジャオは、その昔、ガープに殺されかけたといいます。
かつてのガープは海賊達にとって”悪魔”そのものだったとも。
モンキー・D・ガープ
非能力者にして、ゲンコツひとつで海軍中将までのぼり、
大将への昇格を幾度となく拒否したという伝説の海兵。
その強さが折紙付きなのは言うまでもなく
年老いてなお前線で活躍する、現場&実力至上主義。
op_708f.gif
第0話ではロジャーと聞けば、何より現場へ飛んでいく姿が描かれ
センゴクとのタッグで、シキを相手に
マリンフォードを半壊させるほどの戦いをしましたが
「悪魔」という表現からは、単に強いというだけでなく
無慈悲で残酷で情け無用であるようなニュアンスが感じられ
現在ある情報からは
ガープがそんな風だったようには、僕にはどうしても思えない。
海賊の道理が通用しないというだけの一方的な意味で「悪魔」と評したなら
それはただの逆恨みというもので
チンジャオ自身の格を下げることに他ならない。
これは、僕が知らない若い頃のガープは
自分の強さのみを頼りに正義を執行する
血も涙もない男だったと考えた方が理解が早い。
op_708g.gif
子供のころのガープ
宝箱を手にしているところから正義漢だったとは考えられません。
そして、やっていることはエースにそっくりです。
エースが己の出生を呪ったように
ガープもまた”D”の宿命を呪ったことがあるやもしれません。
自分の強さを頼りにどこまでも駆け上がる無鉄砲。
若い頃のガープとはそういう男だったのでしょうか。
いつの頃からか、”D”であることを受け入れ
海軍の側で、また内部でできることを模索、実行しているような気がします。
いろいろ思うことがありますが、
長くなるのでこれはまた別の機会に・・・。
余談ですが:
キャベンディッシュが持つ世界屈指の名刀
op_708h.gif「デュランダル」
細身でしなる刀身、美麗な護拳はレイピアのようでもあるが
おそらくはサーベルの類。
西洋のカタナが「名刀」として登場するのは
初めてではないでしょうか。
ここでふと思ったのは
たしぎが憧れる数々の名刀
最上大業物12工、大業物21工、良業物50工とは
いわゆる日本刀のことのみを指しているのではないかという事です。
op_708i.gif
名刀が悪事に使われるのが許せない。
腕を磨いて悪党の手にある「名刀」を集めて回ることに命を賭ける

というただならぬ情熱を見せながら、
たしぎがそこまで拘るのは、おそらく日本刀に限ってのみ。
この時点でもイッポンマツの店には
op_708j.gif
カトラス、レイピア、サーベル、スォード、
洋の東西を問わない数々の武器が陳列されており
たしぎの狭了な知識でも
「カタナといえば日本刀」としか考えられなかったハズはありません。
また、
名刀が欲しいのではなく悪党の手にあるのが許せないだけ
と言ってはいますが、
それが名刀であろうがなかろうが、
悪党の手にあれば悪事に使われ、被害者を生むのは
なにもカタナに限ったことではないし
何を使おうとも悪事の結果はさほど変わりません。
やはり、たしぎは
なんだかんだ理由を付けてカタナを収集したいだけなのです。
独特な鍛冶製法により、
装飾ではなく、刀身そのものの美しさが芸術品の域に達する
他に類を見ない刀剣類といわれる日本刀。
たしぎは単にその美しさに魅入られたマニアなのであり、
強さを求めるのもその収集を実現するために他ならない。
きっとゾロに微笑みかけたのも
相手が悪党じゃないのなら、友達になっておけばいつでも見せてもらえる
とかそういう欲望が脳裏をよぎったに違いありません。
自分の非力さが泣くほど悔しかった
たしぎの正義は、いったいどこにあるのでしょうか。
・・・というのは、僕の思考が穿ちすぎか・・・。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. BIE(管理人) より:

    サイト運営の本意に沿わないコメント数点を
    予告通り、管理人の独断で削除しました。
    悪しからずご了承ください。

  2. より:

    文章能力がなくてコメントはしてませんでしたが、サイト毎週楽しませて頂いてます(´∀`*)
    アンチが出るなんてすごい人気です\(^^)/
    コメント欄の考察も皆様すごい洞察力で見れなくなるのは残念です(>_<) これからも陰ながら応援してます(´∀`*)

  3. タイヨウ より:

    僕は公の場ですからご自由にしてもらって構いませんけどね。
    盛り上がってくれたら1番ですよ。
    BIEさんの速報見たいんですが~
    月曜日まで我慢します泣

  4. BIE(管理人) より:

    ご不便をおかけしているようで申し訳ありません。
    1ページ当たりの記事表示数を半分に減らしました。
    少しは軽くなるんじゃないかと思います。
    広告については一度ジャンルを精査してみます。
    ご忠告ありがとうございます。

  5. ウンコ大魔王 より:

    ってかエロ広告ウザいんだけど、なんとかなんないのか??
    スマホだけど、このサイト重くて開くの時間かかるし。
    もっと軽くしてくれー!

  6. no name より:

    私も最近文句が多いなぁと感じていましたが、それはBIEさんがワンピースが好きだからこそそういう姿勢になるんであって、本当に嫌いだったらここまで長い文章を書く気にはならないと思います。
    それにもともと「思いついたまま」を書くブログですからその時その時によって文章が批判的になることだってあるでしょうよ
    それは仕方ないですよ。それを分かった上でここに来てるんですから

  7. ボニー より:

    かずさん
    (…とか、ガープのことなのでその圧倒的な強さを以て、さらに「気まぐれ」で海賊団を殲滅とかしていそうですし…)
    ↑のところ,ガープなら「気まぐれ」でやっちゃいそうですね。ガープの性格上,敵も味方も作りやすい人となりですよね。

  8. かず より:

    初めまして、いつも楽しく拝見しております。
    ガープの「悪魔」という表現について。
    私は逆にこの表現にはさほど違和感を覚えませんでした。
    あくまでも「海賊にとって」の「悪魔」であり、圧倒的すぎる強さを誇るガープは海賊たちに「無慈悲で残酷で情け無用」と映ったのではないでしょうか?
    元々ロジャーや白ひげ、金獅子という当時のトップ3と渡り合っていた海兵ですし、言っては悪いですがチンジャオと彼らの間にはやはりどうしても「格」の違いが感じられるのです。
    (…とか、ガープのことなのでその圧倒的な強さを以て、さらに「気まぐれ」で海賊団を殲滅とかしていそうですし…)
    青キジがあの性格でも、ロビンからはひどく恐れられていたわけですし、十分に考えられると思います。
    …とまァ戦争でルフィと対峙した時の、家族と職務の間で揺れるガープの葛藤した表情にジーンとしてしまった私の、かなりガープ贔屓な見方でした。
    これからも考察を楽しみにしています。
    P.S.
    「記憶の糸を手繰る」目から鱗でした。
    ただ、以前にヴェルゴの性格と絡めた考察をどなたかがおっしゃっていましたが、私個人的にはヴェルゴの忘れっぽさや何かが引っ付いているというのは「個性」の範疇に含まれるのではないかと。
    何となく登場当初のアイスバーグに見られた、「市長らしからぬ幼稚さ」に通じるものを感じます。
    もっとも彼の場合はその後の展開から、その性格はなりを潜めてしまいましたけど。。。

  9. BIE(管理人) より:

    > asasdさん
    >最近の感想は文句ばっかで見てて不快だわ
    僕はワンピを嫌いだと思ったことは一度もないし
    不平不満を前面に押し出して書いているつもりもありません。
    もちろん「自分の好みの展開じゃない=つまらない」とも考えていません。
    正直そのような批判を受けたことに驚いていますが
    ご意見は真摯に受け止めます。ありがとうございました。

  10. しめい より:


    大好きで期待しているからこそ、文句も出てくるんだろうがよい。
    というか、じゃあ、何で君はここにいるんだ?

  11. asasd より:

    最近の感想は文句ばっかで見てて不快だわ
    おまえ何様だよ
    なんでおまえの嗜好にあわせた話にせにゃいかんのか
    もう嫌いならアクセス稼ぎにワンピ感想なんて書くなや

  12. じぇにふぁ より:

    バルトは能力なのか覇気なのか
    能力の可能性のほうがあるかなと予測
    頂上決戦の時の3大将の覇気バリアはきちんと構えて発していますがバルトはおしっこ状態ですから覇気発動がむつかしそうと思いました
    Bブロックはバルト優勝かな~?
    べラミのルフィーとの再戦や謎のリッキー正体判明などのイベントをおだっちはどうおもってるんだろう

  13. タイヨウ より:

    BIEさん
    お祝いのお言葉ありがとうございます!
    私もリンク貼らせていただきました。
    こちらこそよろしくお願い致します。

  14. BIE(管理人) より:

    >タイヨウさん
    ブログ開設おめでとうございます。
    勝手ながらリンク貼らせてもらいました。
    相互で貼ってもらえるとうれしいです。
    今後ともよろしくお願いしますね。

  15. タイヨウ より:

    こんばんは。タイヨウです。
    かねてから人様のサイトで私的な長文を書くのは心苦しく思ってたのでこの度、個人のblogを始める事にしました。
    管理人さん宣伝させてもらってよろしいでしょうか?
    てのひらをタイヨウに – http://blog.livedoor.jp/taiyou23/?_f=fm
    寛大な管理人さんのお陰で楽しかったです♪
    勉強になりました!
    しめいさん「ドフラミンゴ記憶を操る説」楽しんでいただいたようでなによりです。
    また遊びに来させていただきますので今後ともよろしくお願いします。
    ワンピース最高☆

  16. どん より:

    あの時のガープは
    エースの家族としての立場、
    海軍本部、中将としての立場、
    その葛藤が見所なんじゃないんですか?
    今までのワンピースの中でも、
    心の葛藤、苦悩、沢山あったじゃないですか。
    コビーもそうだし、フィシャータイガーだってそうだし。
    そういうのが、ワンピースの魅力の一つのだと思いますけどね。

  17. 雪色の猫 より:

    はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いてます。
    たしぎちゃんについてなんですが、
    海軍に入った理由が「刀を集めたいから」だとしたら、彼女の正義って?(笑)ですね。たしかに。
    でも、海軍に入った事で名刀と接するようになって、魅かれてマニアになったのだとしたら、「正義」と「趣味または夢」は別の話になるのかな。と思いました。
    単行本が実家にしかないもので確かめられないのですが、たしぎちゃんが「刀を集めたいから海軍になった」って言ってたら、見当違いの書き込みでゴメンナサイ!

  18. ken より:

    >しめいさん
    むしろ「そういう現実味」をワンピースは積極的に描いてきたと思うのですが…。
    それこそが、大人をも惹き付けるワンピースの深みだと思っていたので、「邪魔」という意見があることに驚いています…。

  19. たーぼくん より:

    海賊側から見て悪魔って事でしょうね
    海軍、一般市民側から見れば英雄。海賊側からすれば悪魔。
    立ち位置が変われば、見方も変わります
    あと戦争時のガープの中途半端さってのは誰かも言っていますが、アンビバレンスな感情を描いていて、その人間臭さが良かったと思いました。
    現実味が邪魔してるってのはいまいち理解できませんね。

  20. no name より:

    でも割りきったガープなんて見たくないぜ
    bieさんにボロクソ言われてるハックが少しかわいそうに見えてきました

  21. しめい より:

    ぼにーさん
    ワンピースの一番の魅力は、仲間と家族がなによりも一番大事なんだと、麦わらの一味や白ひげ海賊団が割り切ってるところだと思ってます。
    割り切っているからこそ、自分より強大な敵にも立ち向かっていく。
    その姿がかっこよく、爽快に感じるのです。
    ガープのあの醜態はそれと対称的です。
    いろんなものに板ばさみになり、自分にとって大切なものがわからなくなることは、おそらく誰もが経験し、現在進行形でなっていることでしょう。
    現実味がありますが、ワンピースを読む上で、そういう現実味はむしろ邪魔だと感じるのですよ。

  22. ボニー より:

    しめいさん
    僕もあの場でのガープの立ち位置に「?」となりました。
    もしも自分がガープの立場だったらどうしていただろう?と考えたときに,
    職務を全うしようとする思い
    孫を助けたい思い
    そこで揺れ動くガープの「人間くささ」が今になって,少しだけ理解できる気がします。あの場で,あの行動を取ったことで,後悔をしていないガープではないと思います。
    今,ガープは赤イヌと会うときにどういう顔をして会っているのだろうか。逆に,赤イヌはガープとどういう顔をして会っているのだろうか。そこの描写を近いうちに見てみたいですね★☆
    「人間はそこまで割り切れる生き物じゃないだろう?」という問題提起を尾田先生はしようとしていたのかもしれないなーっと個人的に感じております♪

  23. ボニー より:

    お忙しい中,いつもわかりやすく,独特な切り口からワンピース考察をしていただき,いつもありがとうございます★管理人さんの考察があるから,ワンピースをまた一段と楽しく読み進めることができます。いつも感謝しております♪
    バルトロメオは「曲者」という印象があります。笑い方や身の振り方がモリアに似ている気がします。人を食ったような行動,人を小馬鹿にしているような言動。。。その言動や行動に見合った「実力」を持っているようでまだまだ謎多き人物ですね。ただの噛ませ…でもないような気がします。
    私も,ガープを「悪魔」と形容するのに違和感を抱きました。首領の,ただの逆恨みなのか,ゲンコツされたからそれをずっと根に持っている首領の器の小ささ…ああいう細めキャラが怒り出すと目を開き出す,という鉄板ネタを持ち出しているだけ?なのでしょうか。。ただ,ガープが「D」のことをどう感じているかという描写がないだけに,推測の域を出ないですね。。そういえばガープ,今どこにいて,何をしているのだろう?
    たしぎの正義(笑)ただの日本刀マニアだったらそれもまた一興かもしれないですね♪スモーカーも「やれやれ…」ということばでため息つきそうですね。

  24. しめい より:

    ガープ……チンジャオの話と関係あるか分らないが、俺の中でぶっちぎりのがっかりキャラですわ。
    頂上戦争で、「エースの家族」なのか、「海軍の中将」なのか、自分の立場をはっきりさせて欲しかった。
    「エースの家族」なら白ひげ海賊団の味方するべきだし、「海軍の中将」なら、エースの脱走を阻止した功労者である、赤犬に襲い掛かるのはおかしい。
    ワンピースのキャラの中で、こいつほどアイデンティティがはっきりしないキャラはいない…
    非常に悪い意味で、ルフィと対称的だとおもう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2013 All Rights Reserved.