Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 854 速報

 




この記事を書いている人 - WRITER -

「どう“する”べきか」ではなく「どう“したい”のか」
サンジが無意識に出した答えは・・・。
記事本文はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ジャイロ より:

    予想や考察をざっと書くと
    ・北の海は戦争ビジネスの世界(原因は天竜人との確執?)
    ・ジャッジの夢はそれに終止符をうつ事
    ・結婚は「四皇の名」という”抑止力”
    ・ジャッジに斬られた4人の王は私腹を肥やしていた連中
    ・ジャッジはベガパンクと共にP.Hにいた(シーザーがP.Hにいたのはその遺産目当て)
    ・子供たちは悪魔の実の技術でつくられた(ぐるマユはその影響)
     ポイズン→ドクドク
     スパーキング→ピカピカ
     デンゲキ→ゴロゴロ
     (サンジ)→メラメラ
     ウインチ→フワフワorイトイト
    ・サンジの”月歩”、海の上を歩ける戦士ソラ→ソラは元CP9
     (作中に”CP9″や”月歩”は出せない)
    それとモスカート様の死がゼポ復活フラグに見えてしかたないんですよね…
    厳密に言えばそもそも死んでない(魂を抜かれただけで肉体はそのまま)
    だからビブルカードも燃え尽きず、ベッポたちはゾウに来れた。

  2. yo-ku より:

    ジャッジは後天的な力ではなく先天的な力が大事と考えているんじゃないでしょうか。
    後天的な力の得方では今困っている人を救えない。それではRPGのように
    魔王が現れてから勇者を育てている様なもの。
    先天的な力っていうのはこの場合最初から全ステータスMAXのようなもので
    いつでも誰でも助けられる。
    それに十分な力を持っていれば自然と余裕が生まれ冷静に判断を下せる。
    だからジャスティス(正義)ではなくジャッジ(判断)なんだと思います。
    あとボビンって男か女か断定されてましたっけ?女性なら
    放心状態のサンジの「手ェはなせ」や蹴ったあとの
    青ざめた表情で「何してんだ」が活きると思うんですけど…
    まぁ、それだと意味が若干ブレるかもしれませんね。

  3. かなこ より:

    マムが、ヴィンスモークは酔い潰れていると言っていますが、酔い潰れるほどマヌケな連中かな?特に、ジャッジとイチジは大丈夫だと思いますが。

  4. かな より:

    もしサンジが仮にお弁当を渡してから去って城に戻ったとしても鏡の何処かでチョニキと顔合わせはするはず。

  5. 通りすがり より:

    どーでもいい情報ですけど
    ちびっこたちは白帽子と背中開きの子ですよね
    孫を含むならあの数は妥当なのか
    さらにどーでもいい情報かもしれないですけど
    “するべき”で囲ったほうが解かり易いとおもいます

  6. ココナッツ より:

    ルフィの叱咤激励でサンジが完全復帰すると予想。

  7. 話の長い読者 より:

    再会してもメシ渡して終わりだと思います。
    前回のタイトル”ここじゃねぇ”には、
    「サンジが一味に戻るのはその(メシ渡す)場所ではない」
    っていう意味もあるんじゃないのかなぁ、と。
    ただ最終的にその場所でサンジがあの時みたく
    土下座meanクソお世話になります。が見られるかもしれないですね。
    あとは、サンジがいるべき場所はここ(トットランド)ではない、っていう意味とか。
    散々引っ張ってきたお茶会が開かれないとは思えないし
    そのお茶会で一家の能力が見れるって事じゃないのかなぁ。
    (レイジュも能力の詳細まではわかってないですから)
    ママの話を聞けば、プリンどころじゃない下種の極みな、
    血で血を飾るお茶会に一家はハマリ役だと思う。そこが居場所な位に(笑)
    そもそも、人間を超えるべく造られた”怪物”たちが
    酒に酔い潰れてるとは思えないんですけどね。
    今回の話でママの人となりやシャーロット家の体系が
    ハッキリ見えたような気もします。そりゃ逃げ出したくもなるわ…

  8. ココナッツ より:

    皆さん、今回のタイトルは「何やってるんだ」です。前回のタイトル「ここじゃねぇ」と合わせて見ると何か見えて来ませんか?

  9. さら より:

    これは、やっとサンジの目が覚めた・・と考えて良いんですよね?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2017 All Rights Reserved.