Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 616 「復讐の記念日」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

op_616a.jpg
扉絵シリーズ:世界の甲板から Vol.4は
「シェルズタウン 海軍基地の給仕見習いリカ」
シェルズタウンのリカといえば
op_616b.jpg
ヘルメッポに磔にされたゾロにおにぎりを差入れした少女
過去の扉絵シリーズ「コビメッポ奮闘日記」では

海軍の雑用として働くコビー&ヘルメッポと
仲良くしている様子が描かれていましたが
たった2年で少し成長しすぎのような気もします。
「リカのおにぎり」が、海軍食堂で人気メニューらしいのは
おにぎりに塩を入れることを学習したのでしょうね。
新聞を持っている海兵は2年前コビーの入隊を認めた中佐
op_616c.jpg
当時は中佐でありながらヒラの一兵卒のような袖無しシャツでしたが
モーガン大佐が失脚して第153支部の責任者に昇格したのでしょう。
コートが似合ってますね。
本来ならば基地の責任者として、それ以前に海兵として
麦わら一味復活の記事を読んでこの表情はまずいのですが
当時から軍規を犯してルフィに敬礼するなどしていましたので
こういう人がトップに立っていると
市民は平和に暮らせているのだろうなと感慨深いものがあります。
さて本編
いよいよ魚人島内に侵入してきた
ホーディ・ジョーンズ&バンダー・デッケン連合軍
op_616d.jpg
今日は魚人島意識統一の記念日になる!
リュウグウ王国を滅ぼし海底を支配、
高等種族として人類を支配する意志を魚人族の統一見解とする
つもりのようです。
ホーディ軍は竜宮城内まで難なく侵入
居なくなったしらほし姫めがけて
桃白々よろしく投げたサンゴに乗って後を追うデッケン
op_616e.jpg
「他の誰かのものになるくらいなら、血しぶきを上げて死ねしらほし!!」
一方
歓迎か捕縛かネプチューン軍を振り切って海の森へ向かっているロビン
すでに海の森に到着し、
トムさんの弟にサニー号のコーティングを依頼するフランキー
少し離れた場所にはルフィを待つジンベエ
あわただしく動き出した物語の舞台は竜宮城と海の森に分かれます。
ジンベエの独白はしばらく先になりそうですね。
それにしても、
ホーディ曰く「今日は魚人島意識統一の記念日になる!」だそうですが
今回のサブタイトルは「復讐の記念日」。少し主旨のズレを感じます。
今日リュウグウ王国を滅ぼして魚人島の意思統一を完遂できたとしても
人類を支配下に治めるのは幾分か先の話になるはずです。
今日この日が「復讐ののろしを上げる日」ではなく
「復讐の記念日」ということは、復讐は今日遂げられる(予定)ということ。
すなわち、復讐の対象は、魚人族を永らく虐げてきて、
フィッシャータイガーを見殺しにした人類ではなく、
リュウグウ王国だということなのでしょうか。
今回、ホーディはネプチューン軍の元兵士だったことがわかりましたが
退役もしくは逃亡した原因に復讐の理由があるとしたら
なんだか「ただの逆恨み」の匂いが漂ってきました。
ずっと感じているホーディの小物臭がまとわりついて取れません。
ネプチューン軍を恨んでいるくせに、
帽子にトライデントを戴いている理由も皆目わかりませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2011 All Rights Reserved.