Cogito, Ergo Sum

聖闘士星矢Ω スタート

 




この記事を書いている人 - WRITER -

seiya_01a.jpg
実に23年ぶりにTVシリーズとして復活した聖闘士星矢
ぶっちゃけると主人公は星矢じゃないので
「聖闘士光牙」とかにするべきだが
そこはそれ、
視聴者への耳触りとキャッチがまるで違うので
聖闘士星矢のままにしたのだろう。
ヤマトの主題歌がいつまでたっても
「宇宙のかなたイスカンダルへ」だったのと同じようなものだ。
僕が幼い頃から再放送を繰り返し見た人気アニメ
「バビル二世」「キューティーハニー」「あしたのジョー」
「魔女っ子メグちゃん」「グレンダイザー」などで
美麗で魅力的なキャラクターを造形しまくっていた荒木伸吾が
二度目の全盛期を迎えた言っても過言ではない「聖闘士星矢」
昨年暮れにその荒木御大が不幸にも溺死(※諸説在ります)され
本作でその後釜を努めるのは
「おジャ魔女どれみ」でその名を轟かせた馬越嘉彦。
近年では「キャシャーンSins」で
星矢風の荒木っぽい絵を見せたが
美麗に見せようとすればするほど線は少なく、細くなり
デジタル作画の影響もあって、
綺麗すぎて空間が目立つ、何だか物足りない
「荒木風」を脱することのできない残念な作画になってしまうのは
如何ともしがたい。
こと「聖闘士星矢」に至っては荒木御大亡き今
「荒木風で十分」「荒木風こそ至上」の意見も否定はしないが
「〜風」のイメージにしがみつくのが
作品の将来にとって本当によいことなのかどうかは
僕が再三「ルパン三世」の声優について書いてきたことに通じる。
最終的な評価は
また終わった頃に書くかもしれないが
「荒木御大が降りてきたとしか思えない」という崇高な評価を得るか
「星矢であって星矢でない」新境地を切り開いたと言わしめるか
いずれかの結果を期待する。
seiya_01b.jpg
しょっぱなから成長した星矢が熱く闘っている
射手座の黄金聖闘士になった星矢の声を演じるのは、古谷徹
たしかOVAの「冥界編」で原作者の車田正美からの
「少年の声は若い声優に演じさせろ」とのクレームで
メインキャストが総替えになったハズだが
OVAは所詮コアなファンやオタク相手の商品なのであって
多くの視聴者にとって、星矢の声といえば
TVシリーズで長く星矢を演じた古谷徹を置いて他にない。
異論は認めない。
さて、アテナ役と主題歌を中川翔子がやると聞き
しょこたん以外の誰が得をするんだと思っていたが
アテナの喋りはともかく 
主題歌が「ペガサス幻想」だ〜!
アレンジは個人的に旧作の方が圧倒的に好きだが
これはこれで・・・
しかも旧作の「ペガサス幻想」を歌っていたMAKE-UPが
一緒に歌っている。
ボウケンジャーとゴセイジャーで
児童番組シンガーとしてのキャリアを積んだNoBが
星矢にまさかの返り咲きだ。これは燃える。
本編は・・・まだあんまり・・・
seiya_01c.jpg
旧作通りシャイナさん役の小山茉美の声がずいぶんと老け込んで・・・
キシリアにしか聞こえないことと
マルス役の柴田秀勝
鋼の錬金術師の時も思ったが、
もうおじいちゃん過ぎて、聞いててハラハラする。
このくらい。
まぁ、言いたいことがあったら追々書きますよ。
とりあえず鷲座やオリオン座が
青銅聖闘士に格下げになってる理由が知りたい。
あと、
OPの作画クレジットに荒木御大と姫野美智の名前があったのは
どういうことなんだろう・・・
余談:
ペガサス星矢といえば・・・これだな
seiya_01d.jpg
星)ボクの名前を”影から覗くストーカー宇宙人”みたいに言うな!!
ア)すいません。カみました。
星)違う!!わざとだ!!  
ア)カミマミタ!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2012 All Rights Reserved.