Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 800「子分盃」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

op_800a.gif
屈強な5600人の子分ができるバルトロメオ達の申し出を
バッサリ断ったルフィ。
op_800b.gif
ルフィは地位や名誉や肩書など欲してはいない。
「この海でもっとも自由な男が海賊王」
そのポリシーに則り、何者にも束縛されず、何者をも支配しない。
op_800c.gif
大船長なんてまっぴらだ。
盃など交わさずとも、困ったときはお前たちを頼る。
お前らが困ったときは必ず助けに行く。
規模が大きいので安っぽい言葉を使わないが
op_800d.gif
「おれ達もう仲間だろ。」「友達じゃねェか。」と根っこは同じだ。
常識はずれだが、ルフィの考えに改めて感じ入った7名は
op_800e.gif
一方的に「子分」の契りを交わした。
op_800f.gif
おれ達ァ勝手にお前に忠誠を誓った。
お前は今まで通りだ。

ルフィに命を捧げる。盾となり矛となる。
しかしルフィの意を汲み、ルフィの負担になることは望まない。
7名それぞれの勢力は、個々でやっていく実力を備えているし
「麦わらの一味」の名の威光を必要ともしていない。
ルフィもまた、一味の勢力を大きく広げていくつもりはない。
めいめいが自由にやればいい。
しかしそれでは彼らが此度の恩義に報いることができない。
その”けじめ”としての、押しかけ子分入り(5600人)だ。
この絆に上下はない。
op_800g.gif
ここに晴れて「麦わらの大船団(らしきもの)」結成。
さて、宴が終われば、
レオたちトンタッタはドレスローザへ戻るそうである。
となると各々自由な者たちは、
三々五々それぞれの当面の目的地や帰港地へ向かうのだろう。
おそらくこの大船団は、ひとまず解散することになる。
しかしながら、ルフィたちはゾウへ行くための船がない。
解散はするが、早速、ゾウへ向かう手助けをする者が必要だ。
誰かな・・・。
本命はバルトロメオだろうな。
子分7人に序列はないが、ルフィにもっとも心酔しているのが彼であることは
おそらく他の6名も認めている。
しかも、前回「見たら驚く」と言っていた彼の船をまだ見ていない。
次点として、オオロンブスのヨンタマリア大船団か
サイたちの八宝水軍。
キャベンディッシュの美しき海賊団は、
他を差し置いて船を出すほどの理由がないし、
イデオやハイルディンはおそらく自分の船を持っていない。
※下記一番右端の野性味溢れるのが巨兵海賊団テイストだとご指摘ありました…
誰かに船だけを貸し与えられることも可能性としてはあるが
僕個人的にはもう少しバルトロメオを見ていたい。
余談だが:
op_800h.gif
中央の巨大な船がオオロンブスのヨンタマリア号で、
左手に見える、白馬のピークヘッドで王冠を載せているのが
キャベンディッシュの船だろう。
古朝鮮の亀甲船みたいなのが八宝水軍の船だとしたら、
中国がモデルだと思っていた八宝水軍が、朝鮮水軍だったのは意外。
・・・と思いきや、一隻だけトラの頭がついた船は帆の形が特徴的で
清代の中国船っぽくもある。
これがチンジャオの船で手下の船が亀甲船だとすると・・・
属国とか…ゲフンゲフン
・・・まぁ、あんまり深く追求はするまい。
さらに余談:
op_800i.gif
ロビンとフランキーがペアルックだ。
胸に「コリーダ」と書いてあるので
コロシアムで販売しているグッズか何かを貰ったんだと思うが
ホットパンツまで揃えなくてもいいだろうと・・・
フランキーが生足出すのは仕方ないので、そこはロビンが外そうぜ・・・
さらにさらに余談:
普段はしない色んな表情が見られて楽しい「宴」。
op_800j.gif op_800k.gif
下品に大笑いするキャベンディッシュとか
にっこり笑う首はねスレイマンとか・・・
!?
トラファルガーさん、何があった!?
op_800l.gif なんでやねん!
op_800m.gif なんでやねん! 
う〜ん・・・もう突っ込んでいるようにしか見えないな
左手の手刀があればカンペキだ
あと、まぁ・・・展開上、当然そうだとは思うんだが、
op_800n.gif ベビー5普通に居るね。
あー…ベビー5を捕縛するなら、ヴィオラも捕まえなくちゃいかんもんな・・・

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. BIE(管理人) より:

    もしくは「ロロノア!そこまだ痛い!」とかww

  2. 二足歩行たぬき より:

    ローはゾロが肩組んでもう仲間の態度でいるので、
    仲間じゃないよ同盟だよと主張したいローはちょっと怒ってるんでしょうね

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2015 All Rights Reserved.