Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 811「ROKO」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、あけましておめでとうございます。
今年も僕のとりとめのない妄想に
よろしくお付き合いくださいますよう、お願い申し上げます。

今年は4月にジョジョ4部、秋以降にヤマトがあるはずなので、
それまでは当分ワンピ1本でのんびりやっていくことになりそうです。
さて、
ジャックが使用した毒ガス兵器は、シーザーが開発した「KORO」。
ジャックたちが全身防護服で身を守っているところからすると
吸い込まなくても皮膚から浸透する類のもので
4年前にパンクハザードで使われたガスと同型もしくは
派生型と考えていいのだろう。
op_811a.gif
op_811b.gif
島に充満しているガスは
心臓を盾に脅し、シーザーに強制的に中和させたとはいえ
体内に残った毒素の対処と負傷者の治療はまた別。
op_811c.gif
当然の強い意志の下
チョッパーの主導で薬品の調合から傷病者の運搬・治療
適切で献身的な処置が施され、モコモ公国は壊滅の危機を脱した。
しかし、回想はひとまずここまで。
サンジとシーザーがいなくなったことに対する説明は
またしても次回以降に持ち越しなのだが・・・
op_811d.gif
op_811e.gif
それには、逃げ切ったと思っていたビッグ・マム海賊団が関係していたようだ。
op_811f.gif ペコムズ
ビッグ・マム海賊団の戦闘員(懸賞金3億3千万ベリー)
人語を話すライオンだが、どうやら動物系能力者らしく、
op_811g.gif
亀のように頭と手足を甲羅に収納することができる。
動物系だろうが何だろうが、悪魔の実を二つ食べることはできないので
ペコムズはいったい何者だろうと、当初から言われていたのだが
その正体が「モコモ公国出身者」だった。
すなわち、動物系悪魔の実を食べたミンク族ということだ。
普通に考えたら、カメカメの実を食べたライオンミンクだと思うんだが、
もしかしたら、ネコネコの実:モデルライオンを食べた亀ミンク
という可能性もあるかもしれない。(ライオンって出てない…よね…?)
とにかく、
ジャックと毒ガス騒動がようやく落ち着いたと思った今から2日前、
ペコムズの誘導によって、ビッグ・マム海賊団はゾウに辿り着いた。
その結果として、サンジとシーザーが今ここにおらず、
ブルックに言わせれば
op_811h.gif
サンジは一味に戻ってこないかもしれない・・・らしい。
・・・これは気になる・・・。
何がって、これをブルックが言っていることだ。
麦わらの一味、充電期間の2年の間に、
ブルックはライブチケットがプラチナ化するほどの大スターになっていた。
op_811i.gif フランキーをして
「あいつはもう海賊なんかにゃあ戻らねぇかも」と言わしめるほどの
眩しく安定した地位も名誉もかなぐり捨てて、一味に戻ってきたブルック。
そこには、再開を約束して別れた仲間への思いがある。
それは麦わらの一味のことであり、ラブーンのことでもある。
ワールドツアーをできる身分でありながら
ラブーンに会いに行かなかったのは、
その約束は、
海賊として海を一周して果たさなければならない、と心に決めている証だ。
仲間になってからの期間が一番短いといっても
麦わらの一味がただのゴロつきの集まりではないこと、
そして自分もその一員であることを、十二分に自覚しているからこそ
その約束は何よりも重く、代えがたいものだった。
そういう経験を持つブルックが
「サンジは一味に戻ってこないかもしれない」と言うのだ・・・これは重い。
op_811j2.jpg
それを、さながらロマサガ2の吟遊詩人よろしく、
ギターを爪弾きながらしっとり語るところにもまた
サンジの余程の覚悟や事情を汲みとった、ブルックなりの深い思いがありそうだ。
少なくとも、
op_811k.gif
お菓子大好きなセクシーマダムに惹かれて行ってしまったのではないだろう。
余談だが:
ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)
コミックス80巻が発売された。
前巻ラストで決着したドフラミンゴ戦その後の顛末が収録され
ドレスローザ編はようやく完結した。
そんな中、SBSでは恒例の
「〜〜の子供の頃を描いてくれ」というリクエストに応え
今回はドンキホーテファミリーの幹部たちを描いてくれているのだが
そこで気になる人がひとり。
op_811l.gif マッハバイスだ。
マッハバイスは「トントンの実」の超体重人間。
ふよふよと空中を漂うほど体重を軽くできるかと思えば
1万トンに荷重することもできる、その能力は「トントンの実」によるものだ。
じゃあ、この・・・尻尾は何・・・?
以前は、この尻尾を根拠に、実は超人系パラミシアではなく
動物系ゾォンである可能性もあるかも・・・と考えていたが、
「トントン」が「キロキロ」の完全上位互換であることが明らかになった以上
「トントンの実」は超人系で間違いない。
さらに、尻尾が幼少期からあったとなれば、
マッハバイスは純粋な人間ヒューマンではない疑いが強い。
まぁ、デリンジャーは「半魚人」だったわけだし、
ファミリーの幹部たちはいずれも不幸な生い立ちの人たちが揃っているので
出自が非常識でも何も不自然ではないが
その正体が何なのか、もう知る機会が無さそうなだけに気になってしようがない。
ミンク族ともまた違う「半獣人」みたいな種族がいるんだろうか・・・

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 通りすがり より:

    サンジイヤー




    現実見ろ>サンジ


    サンジ「イヤー!!」

  2. まいにー より:

    ペコムズが亀ミンクだとすると
    亀ミンク型、亀ミンクライオン型、ライオン型の3形態になるはずなので彼の二足歩行してる形態に亀っぽい箇所が見受けられない点から、ライオンミンクで間違いないかと思います。

  3. BIE(管理人) より:

    マッハバイスが「小人族」!!それは面白いですねww

  4. シンジマン より:

    尻尾が生えた人間。。。
    小人族…
    いや、まさかね。笑

  5. ほうじ より:

    角が生えた人間がいる世界ですから、尻尾が生えた人間がいてもおかしくはないかと。
    もしかするとミンク族のハーフということもありますが。

  6. BIE(管理人) より:

    あぁ、そういえば宇宙海賊ってのが居るくらいですものねwww
    何が居たっておかしくないんですね。

  7. ラナ より:

    変わったキャラでいえば
    マムの傘下(?)に三つ目の人いましたよね
    なぜかハンターのカルトを連想しましたけど(笑)
    1.悪魔の実の能力者
    2.○○族(あるいは人じゃない)
    3.そういう人もいるんだよ
    まぁ・・・”3″でしょうね、多分(笑)

  8. 黒田 より:

    ローラ(スリラーバーグで出会った)のママ(ローラ曰く凄い海賊らしいですからね)がビッグマムだとすれば、
    ナミの持ってるビブルカードでサンジを追う手段は残されてますが…。
    サンジは、生け捕りのみの手配書に切り替わったことからして、
    世界政府にとって何らかの重要なカードなのは間違いなく、
    そこに目をつけたビッグマムが、サンジと引き換えにミンク族の無事を約束するという取引をしそれに応じたとすれば、
    サンジの性分からして、一味に戻れない理由にはなりそう。

  9. BIE(管理人) より:

    >ミンク族って哺乳類だけ
    言われてみれば、そうですね。
    まったく気づきませんでした・・・

  10. コバ より:

    >>もしかしたら、ネコネコの実:モデルライオンを食べた亀ミンクという可能性もあるかもしれない。
    ミンク族って哺乳類だけじゃないですかねえ?
    今まで哺乳類以外のミンク族って出てきましたっけ?
    亀だと魚人のほうが近そう。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2016 All Rights Reserved.