Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 888「獅子」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

サニー号は、波を知り尽くしたジンベエの操船によって、あと一歩ビッグ・マムたち追手を寄せ付けずに航行を続けていたのだが、前方からもダイフクやスムージーの艦隊が押し寄せ、遂に取り囲まれて万事休すの事態となっていた。


基本ビビリのナミやチョッパーも、犠牲になったペドロや、単身カタクリを引き受けたルフィへの思いもあり、捨て身の正面突破に腹を括った。

そこでキャロットがにこやかに提案


今夜は「満月」だから、きっと役に立てる!!

ムーンプリズムパワー・メイクアップ!!
月のうさぎが・・・


「月の獅子 スーロン」に!!

月の光は太陽光が月にはねかえったものだ。だが、月に照り返されたときのみ、その太陽光には「ブルーツ波」が含まれる。その「ブルーツ波」が満月になると1700万ゼノという数値を超えるのだ。1700万ゼノ以上の「ブルーツ波」を目から吸収すると尾に反応して変身が始まる… 、というのは嘘だが、
イヌアラシ公爵が言っていた「ミンク族の真の姿」とは、どうやら満月の夜のみ覚醒できる秘められた戦闘本能だったようだ。


その戦闘能力たるや・・・


圧倒的。


がんばれカカロットキャロット… お前がナンバー1だ!!

ジンベエの知識によると「月の獅子」の能力を使いこなすには訓練が必要らしい。
たとえば精神や肉体への負担が著しく、ひとたび能力が暴走すれば精神崩壊をまねいたり五体満足で済まないなどのリスクもあるだろうし、また、一晩中発動しっぱなしで、確変続行を自分で止められない、なんてこともあるかもしれない。


しかしキャロットはペドロに鍛えられているから大丈夫。「私これでも銃士隊だよ!」
自信満々というよりは、ペドロの言う「自分の出番」を見つけたような、ある種の覚悟を感じる。

いかな「スーパーミンク族」だろうとも、数千人は居ようかという敵艦隊にたった一人では、いかにも多勢に無勢。ジンベエが危惧するリスクか限界がおとずれるのも時間の問題だろう。

だが・・・
限界に近づいている人物がほかにも居た。


「食いわずらい」で欲求を満たされないまま暴走状態を続けているママが、なんだか消耗してきている。桁外れのパワーを制御せず放出し続けているツケが回ってきたのかもしれない。


ママが正気でないから…と、ビッグ・マム海賊団の生きた武器たちが精彩を欠いている今だが、ママが力尽きれば、彼らは全員動かなくなると思われ、そうなれば「生命を与えた波」に乗っているママも海に落ちるだろう。能力者ばかりのビッグ・マム海賊団がママの巨体を海から救い出すのは大ごとだ。

追手を振り切る絶好の機会が間もなく訪れる可能性大。
キャロットが力尽きるor敗れるか、ママに限界が訪れるか、巨大ウェディングケーキが合流するか、さぁ、何が一番早い!?

さて、扉絵特集「押し掛け麦わら大船団物語」だが、イデオ編はまだ終わりではなかった。
ここまで「キャベンディッシュ編」「バルトロメオ編」「サイ編」と、ずっと全5話構成だったので、おかしな終わり方だが前回で終わりだと思っていた。

いきなり他人のケンカに首突っ込んで孤島に放置とは、一体全体何がしたいのやら・・・と思ったが、これは、もともと海賊ではなかったイデオたちが、麦わらの一味の傘下として正式に海へ漕ぎ出すための儀式だったのだろう。

自分たちをも含む種族間の抗争にも信念を揺さぶられることはなく、千年続く悪因縁よりも仲間との信頼・絆を選ぶ。借り物の船も捨てて、彼らはまさに「海賊」=「自由な海の男たち」として、今出航したのである。

ところで新たに掲げた彼らの旗印・・・。
「XXX」というのは「とにかくヤバいレベル」を意味する符号で、格闘家時代のイデオの肩書きが「XXX級ボクサー」だったことに由来している。では、骸骨の後ろの「H」はいったい・・・と思ったら、コレ


合体途中のイデオデルタに似てるな。なるほど、納得。

まったくの余談だが:僕・・・フェリシア使いでした。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 回天鍋 より:

    カカシ騎士の発言もママの状態が関係してたんでしょうかね
    ペドロ→カカシ
    ペコムズ→ライオン
    ゼポ→…ブリキの木こり?
    だとしたら
    リンリン→ドロシー
    カルメル→魔女(最後溶ける)
    ってかんじかな
    万国編にブリキのキャラなんていましたっけ
    いまのとこベッジが近いか…

  2. 匿名 より:

    今回は888話
    獅子座は八月の星座
    タイトル通り、内容も八割方獅子(スーロン)について

    100話目で「伝説は始まった」をやったり、601話目で第1話のセルフオマージュやったりしてきてるから、これも全部狙い通りなんかなーと思ったり思わんかったり

  3. smith より:

    自分はチャムチャム使いでした

  4. キュウ・ビィ より:

    ギア4みたいにリミットや反動の可能性もあるし
    “月の獅子”と知られている以上、対応策があるかもだし
    (海楼石的なものとか、月隠されると元に戻るとか)
    BIEさんの言うとおり、現状幹部クラスと戦ってないことも不安要素。
    個人的には、ママに魂抜かれてないキャラは死なないと思ってるので
    特攻っていうより逃亡のサポートに徹する感じでしょうか。
    (その〝逃亡のサポート〟で自爆したのがペドロなんですけどね…)

    あと、自分は半魚人ばっか使ってました。
    (ネコマムシはサスカッチみたいになるのかな…)

  5. 匿名 より:

    もしかしたら、文字どおり光月家とスーロンは関係あるかもしれませんねw
    益々、和の国編が楽しみです!

  6. 匿名 より:

    イヌアラシの言った「奥の手」とはまず八割これの事でしょうけど、敵との戦闘に合わせて起こるとは限らない月に一度の天文現象を奥の手扱いするのは少々違和感があります。つまりサイヤ人が作れる人工満月のように、獅子化タイミングを任意調整できる何らかの手段があるのかなと
    まあ例によって何でジャックの時にやらんかったのかといういつもの疑問にぶつかるわけですが

    訓練してないとまともに運用できん&疲弊状態では使えんなどの制約は想像付くから「今度は最初からフルスロットルでいくぞッ!(島耕作コラ)」って事なんかな……

  7. あがさ より:

    今回の話面白くなかったような気がしません?
    大した進展もなく、カタルシスもなく、スーロンという新事実のみでせいぜい舵輪をひとつ取っただけ。
    せめてルフィ対カタクリに何か盛って欲しかった。
    しかも来週はお休み。
    すぐに年末年始で長期休み。
    さすがに今回はがっかりでした。
    管理人さんはどう感じましたか?

  8. 船員 より:

    ベジータの台詞のとこが良いなぁと。
    キャロット(人参)カカロット(悟空)
    戦闘民族でかけて来ましたねw

  9. かな より:

    もし順調に行けるのなら
    ①キャロットvsダイフク
    ②ジェルマvsスムージーorペロス((流石にキャロットだけでは厳しいと思いますので))
    ③サンジvsビッグマム(ケーキを食べさせる)&ペロス?
    ④ルフィvsカタクリ
    てことになりますかね?
    ルフィサイドのことですが、倒した後にどうやって合流するかが問題ですね。倒すことについては漫画なのであまり心配は無い(はず)ので。m(._.)m
    個人的に面白いけど終盤が待ち遠しくてww (^^;;

  10. 匿名 より:

    はいフィギュア化決定ーーーー!(確信)
    月の光でサイヤ人化するのはよくよく見てきた予想でしたが、いやあ絶対アンケートで好評なビジュアルだこれ
    電撃が膨張ヘアーにバチバチ掛かってるのも、スーパーサイヤ人化エフェクトのオマージュでしょうなあ>カンザシ氏

    しかしリスクをさらっと口走ってるジンベエはどこでその知見を得たんだかが何気に気になりますな。一応外界に進出するミンク族もいる事は作中で描写されてきたけど、スーロンまで披露するような仲となると……白ひげクルー時のイヌネコと接触してるって線は、年表見るに加入時の間が10年以上あるから違うっぽいし

  11. なごやん より:

    「ゆティアの分まで!!戦うよ!」と
    最後のニコっとしたコマのキャロットが可愛くてサイコーですね

  12. カンザシ より:

    「目から満月の光を吸収」「尻尾に反応」、また「体毛が伸びる」というのはドラゴンボールの大猿や超サイヤ人のオマージュですよね。

    ちょっとあからさまかなとも思いつつ、どちらも好きな自分にはアツい返信でした(^^)

  13. 流星群 より:

    スーロンは強力な分、副作用がありそうですね。チョニキのランブルボールみたいな。

    あと、「ペコムズを止められるのはペドロ」っていうのも、スーロンな気がします。ライオンなだけに、ペコムズのスーロン強そうですし。

    • BIE より:

      キャロットは今のところ、まだザコ相手に無双してるだけなのがちょっと不安要素ですね。
      「月の獅子」モードは果たしてどれくらい強いのか。わたし気になります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2017 All Rights Reserved.