Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 977「宴はやめだ!!!」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

思いがけず、しかし超待望のジンベエ加入が相成って、麦わらの一味は大興奮。


ただひとり、サンジだけが歓迎ムードに関係ないリアクションをしているのは、ナミとキャロットがいちもにもなくジンベエに抱きついた事への嫉妬などでは決してなく、アーロンが東の海へ流れてくる一因を作ったとして、ジンベエに対して理屈や理性で計れないわだかまりを抱えていると思われた、ナミの純粋な歓迎っぷりに驚いたから・・・いや、やっぱただの嫉妬かな。


ワノ国の命運や、攫われたモモの助のこともそっちのけで、ジンベエ歓迎の宴に突入しそうな浮かれっぷり。

ローや錦えもんが鬼ヶ島上陸作戦についてあれこれ思案している間に、


乾杯に必要な「酒」の匂いにつられて、突破口を開いてしまった。
宴をする気マンマンのルフィだったが、さすがにこの場での乾杯は延期に。


だがその理由は、作戦中とか不謹慎だからとかではなく、全部終わったあとみんなで宴をした方が楽しいから。

あたりまえだ、馬鹿野郎ども。

これにはちょっと眉をひそめてしまうが、ジンベエの参入が彼らにとってそれだけ特別で喜ばしいことなのだと理解するよりない。ルフィやゾロはいつものことだが、比較的理性的なナミやロビンまで止めようとしていないことが、ジンベエ加入の重要性を物語っているのかもしれない。


錦えもんの作戦は、鬼ヶ島上陸後ドクロを左右から回り込み、裏口から奇襲をかけるというものだったが、錦えもんへの「買いかぶり」がスゴい傳ジローは、すでにカン十郎に知られてしまったその上陸作戦の、さらに裏をつく策を、当然講じているであろう錦えもんに無茶ブリをする。


「からの〜?」

そこに、意図せず助け舟を出したカタチになったのはローだ。


どれだけ綿密に作戦を立てようと、従わず直進するバカふたりを囮に、左右から回り込む侍たちを進軍させ、それをも囮として、ローの能力で主戦力を直接裏口に転移させる、というもの。
ここで言う「バカふたり」とは、ルフィとキッドのこと、「主戦力」は赤鞘の侍たちである。

ザコ兵では相手にならないであろう「バカふたり」は陽動に最適。


赤鞘の筆頭である錦えもんと、ついさっきまで敵方だったはずの傳ジロー(狂死郎)が、左右から5千人の兵を率いれば注目度は抜群、海中から城内へ直接やってくる主力たちの突入が成功する確率は極めて高い。
これこそ「奇襲」というに相応しい。

本来なら「来る」と知られている時点で、奇襲として失敗だ。言っちゃ何だが、錦えもんの策は、敵に知られている戦法を勢いまかせに強行する愚策に他ならず、奇襲とはとても言えるものではない。傳ジローの過剰な期待が重くのしかかる。

ちと余談だが:

それでは、オロチまでが警戒する「頭の切れるリーダー錦えもん」とは、いったい何を根拠に語り伝えられているのか。

身分を隠しながらオロチの信頼を得た傳ジロー(狂死郎)が、密かに日和を保護し、オロチの悪政に苦しむ民を陰ながら助けていたのは周知のとおりで、「赤鞘九人男が規格外の強さだった」とか「リーダー格の錦えもんは頭の切れる男だった」とオロチに吹き込んだのも、家臣たちに「オロチは光月家の復活をビビっている」と現実以上に吹聴して求心力を削いだのも、傳ジローの功績だったと僕は考えている。
そもそも、トキが遺した言葉に在らぬ含みをもたせて、オロチを必要以上に不安にさせたのも傳ジローなのではないかな。


まぁ、結果オーライなので雷ぞうも黙っているが、最もしたたかで頭が切れるのは傳ジローだよな。傳ジローよ、目の前にいる錦えもんはお前が知ってる昔の錦えもんから、20年前のまま何一つ成長していないぞ。面白いからいいけど。

さてその頃、鬼ヶ島のカイドウの居城では宴の真っ最中。


オロチは何も警戒していないようにも見える。馬鹿なの? あぁ、影武者って可能性もあるかもしれない。カイドウは勝手に呑んでてオロチを気にかける様子もないしな。


そんな中、到着した「飛び六胞」。うわー…まだキャラ増えるのか…
ちゃんと六人いて、たぶん一番右がページワンで右から3人目がドレーク。ドレークより強い奴が三人いるような印象で、女性もいるようだ。雅な鞘の刀を持っているのは下駄履きの男かな?

誰が誰だかもう混沌とした宴の中で、カイドウがビッグマムに紹介しとこうとするくらいだから、さぞかし戦力と自己主張が強い奴らなんだろう。

そしてもうひとり、


カイドウの息子・・・

ほほう。息子といっても血の繋がりがあるとは限らないが、あのカイドウが他人を「息子」認定するとは考えにくい。カイドウの言うことに従わない「跳ねっ返り」の様だし、血の繋がった実の息子と思うのが賢明だな。
自由に振る舞うことが許されるほど「強い」可能性もあるし、カイドウが頭を抱えるほどろくでなしの「バカ息子」という可能性もある。
ちょっと、今後の展開の鍵を握る気がするね・・・。

あと、どうでもいいんだが、


「樽もまともに持てねェ」と言われているケモノ風のシルエット、これ誰だ?

ザコ兵たちと対等っぽいので、なんらかのSMILE能力者ってだけだと思うんだが、「ジュキキキ!!」って鳴き声はちょっと特殊だ。
ナンバーズたちはもっと巨大でもっと禍々しい雰囲気だったし、ザコ兵がタメ口利ける相手じゃないと思うんだよなぁ。
誰なんだろう・・・気になるわ・・・

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. きそえもそ より:

    カイドウの息子。パンクハザードのくだりを見てたとこで、見切り発車でジャックを呼び捨てにして、んでそいつにタメ口で突っ込んでしまうキャラを描いてしまったのをどうにかするために強引に作り出したキャラかなぁと思ってしまいます。だから最終的にはそいついなくてもよくね?ってなりそうな気も。

  2. 匿名 より:

    キラーは”ファッ ファッ”という笑い方は健在ですがコミュニケーションを取ってる辺り少し情緒が安定したのかな?でも、やはりスマイルが回復してノーマル状態での素顔キラーが見たい!

  3. 匿名 より:

    カイドウがこの20年で光月家の生き残りに聞きてえ事ができたと言っていたのは息子に関わる事かもしれませんね。もしカイドウの実子なら間違いなくモモの助との対比を意識して描かれそうです。

    • BIE(管理人) より:

      モモの助との対比となると、おトコも関わってこないでしょうか。
      おでんを失い自分たちもカイドウに敗れ、地獄のような暮らしの中で、康イエが何を思って子を作ったのか。僕は疑問でならないのです。

  4. あさのきしだ より:

    ケモノ風シルエット、ナンバーズでいいんじゃないですかね?
    ナンバーズまで宴に呼んだことについてクイーンさん「あいつら酒癖悪いから嫌いなんだよー」とか言ってましたし
    案の定、コップ代わりのタルもひっくり返してる様子
    タメ口についても、カイドウ一味はその辺ゆるい上に酒が入ってるとなると…。

  5. 匿名 より:

    タイヨウ海賊団の安否はさておきジェルマの方は触れられていませんが、ジンベエは自分の仲間以外は見ていないから知らないのか?それとも、今は自分の仲間のことを話しているだけなのか?やはり少なくともどうやって逃げたのかは気になるので、キリがいいところ又はマムとジンベエが顔合わせしたところで明かされて欲しいです。

    • BIE(管理人) より:

      ジェルマのその後は扉絵でやってほしいです。
      タイヨウの海賊団については、ジンベエから言及があるかもですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2020 All Rights Reserved.