Cogito, Ergo Sum

キャシャーンSins 02話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

永遠の命だったロボットが滅びゆく世界
滅びを受け入れる者たちと受け入れられない者たち
キャシャーンに命の煌めきを見た者は
キャシャーンを求めずにはいられない
「あなたがそんな姿で現れなければ、滅びを受け入れられたのに・・・」
人のように「死」があってこその命
永遠に稼働するロボットなど「生きていた」といえるのか
思っていたより深い
何だかテレビシリーズと思えないくらいまったりした独特のテンポがいいね。
少し面白くなってきた。

この記事を書いている人 - WRITER -

ハンコックの背中

 




この記事を書いている人 - WRITER -

先日ハンコックの背中にはルフィが見覚えのある何かがあるようだとして、
羽根はえてるとかトンチンカンなこと言った僕ですが
巷では
エースと同じように、白髭の紋章があるんじゃないか
というのが話題にのぼっているみたいですね。
なるほど「ん?おめーその背中、おれどっかで・・・」
というのはいかにもルフィらしいし、
七武海の背中に白髭の紋章があっては非常にマズイだろうから
ハンコックの反応ももっともです。
ルフィはエースの処刑を知り、ハンコックはどう出るのか
良くも悪くも物語が動き出すというわけですね。
「たいした裏付けも取らず、思いついたことをそのまま書く」
というのが、このブログのテーマなので、
かまわないっちゃあかまわないんですが、
他所のサイトの考察と見比べて
あまりに的外れなこと書いてると、さすがに恥ずかしいですね。
仮面ライダーキバについても
先日ブログに記事を上げたあとに思いついたことを
つらつらと友人にメールしてたら、ありえない展開になってしまって
それをフォローするために送ったメールの内容の矛盾に気付いて
またメールして・・・
もう少し考えてから書くようにしたほうがいいのかな・・・

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2008 All Rights Reserved.