Cogito, Ergo Sum

人心掌握

 




この記事を書いている人 - WRITER -

昨今、メディアに露出しすぎの感が否めない
戦場カメラマン:渡辺陽一氏
やわらかな人柄、独特のキャラクター、
そしてなにより話が面白いので
TVで見かけるとついつい見入ってしまう。
面白おかしく扱う各種メディアのおかげで
彼が戦場においてどれ程命がけなのか
どんなすばらしい写真を撮るのか
イマイチ伝わってこないのが残念だが
彼にも本業があるし大衆に飽きられるのも早そうなので
半年後にはTV露出はグーンと減っているだろう。
だからこそ安全な場所で稼げるときに稼ぐ彼は利口だ。
ここまで来れば
TV露出が無くなっても講演で一生食べていけるだろう。
そんな彼のエピソードの一つに
戦地へ赴くときお土産として
doublesoft.jpg
必ずヤマザキのダブルソフトを持って行くという話がある。
外国には、日本のようにそのまま食べてもふんわりやわらかで
小麦の風味が強いパンというものがほとんど無いそうで
極限状態の戦地で生食できるやわらかパンを食べさせたら
たいていどんな民族の心も簡単にゲットできるらしい。
なるほど山崎製パンは柔らかいパンを作り出すために
何やらいろいろとやっているらしいし、もってこいのアイテムだ。
しかも、何と安上がりの人心掌握術だろうか。
「もっとないのかい?」「ナベ、パンおくれよ」と
現地の子供たちに、やんやの人気の氏が目に浮かぶ。
ところで、この話を聞いたとき
はじめて食べた白パンの柔らかさに衝撃を受けたハイジ
を思い出して「なるほど」と納得した僕は
自身が骨の髄までアニメ好きだと実感した。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2010 All Rights Reserved.