Cogito, Ergo Sum

ONEPIECE 704「ルーシーとキュロスの像」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

なんだか「ハリーポッター」か「一休さん」みたいなサブタイトルだ。
さて、久しぶりに扉絵の話題から。
船が難破して、カリブーが命からがらたどり着いた島は
op_704a.gif
61巻掲載の595話に出てきた、新世界の「とある冬島」
カイドウのお気に入りの島ということですが
手前の木々や遠くの山々がハリボテなのが気になっていました。
現在の扉絵シリーズではあれから2年が経過し
作りかけだった山は完成しています。
そしてその島の守護をカイドウから任されていたのが
op_704b.gif このNO.18の男。
てっきりドレークに倒されたとばかり思われたこの男は
まだこの島にいました。
もう少し整理しましょう。詳しくは扉絵まとめサイトをご覧ください。
助けてくれた老婆の家を出て港へ向かうカリブー
労働者の自由と権利を求める革命の寵児:ガブル隊長に間違われます。
そして今回、
その労働者たちの暴動鎮圧のためにNo.18の男が再登場。
op_704c.gif
この男の立ち位置が変わっていないならば
労働者たちは、カイドウによって過酷な労働を強いられていると受け取れます。
どうやら、密かに兵器を作らされているようです。
この島の住人と思しき老婆
老婆から貰い受けたコートがガブル隊長のもの(もしくはその組織のもの
だったらしく、そのためにカリブーは人違いされるのですが
この老婆、その軍隊をカリブーのもとから追い払うのです。
すなわち労働者達の敵の立場ということになります。
(なぜ軍隊のコートを持っていたのかはわかりません。
勢力図がイマイチよく把握できませんね。
この島は先にも書いたように木々や山々が作り物です。
カイドウのお気に入りということですから
カイドウの好みの景色を人工的に作っているということでしょうか。
家もツギハギで建築技術というには随分と拙い造りです。
謎の軍隊率いる労働者達に火を放たれた、遠くに見える城のような建物も
舞台セットのカキワリのように見えなくもありません。
すべてが作り物の島。
ところでNo.18の男。
たった独りでドレーク海賊団とティラノサウルスを相手に生き残り
見たところ傷ひとつ残っていません。
「カイドウの部下はそれほど強い」という理解の仕方もできなくはありませんが
ドレークがそんなにヘボだとは思いたくはない。
そういえばこのNo.18の男
右腕がガトリング砲みたいになっているだけでなく
顔も肩も首もなんだか金属っぽいですね。
ひょっとして作り物なら、
ドレークたちに倒されても修理したり作り直すことが可能だったかも。
中には老婆が入っているとか・・・・ちょっとそんな気がしてきました。
ちなみに、
ガブル隊長のモチーフはどうみてもチェ・ゲバラなのですが
僕はキューバ革命などに詳しくないためその辺の暗喩が読み取れません。
なにか実際の歴史的な流れや事件と、韻を踏んでいるような展開になっているのに、
もし気付いた方がいればお知らせください。
本編:
コロシアムで行われる闘技大会の控室
世界中からそうそうたる顔ぶれが集まっています。
腕に覚えある海賊や猛者たちだけでなく
メラメラの実の能力を軍事に役立てようと
国家の威信を懸けて参加する者までおり、その思いは様々。
注目すべきは、
国単位で他国よりも強大な軍事力を持ちたいという考えがはびこっていることで、
危機感を抱える国や好戦的な国というのは現実でもそうだと思いますが
いちおう「世界政府」なるものが統治する社会であるワンピ世界では
公にあってはいけない考え方。
要するにこの人たちの国は、
世界政府非加盟国なんじゃないかとふと思うわけです。
偉大なる航路に入る前なら「悪魔の実」自体が伝説級の存在だったのです。
政府の目が届く場所では、そんな危険な代物は管理されて然るべきで
自由に取引などできるはずがない。
「あやまって悪魔の実を食べてしまった一般人」というのが
未だ登場しないことがその証明なんじゃないかと・・・思ったりもします。
※コメント欄にご指摘いただきました。・・・確かに・・・。
ま、ぶっちゃけどうでもいい奴らばかりです。
ブルース・リーやらプロレスラーからオダッチが適当に引用してきたような
キャラばかりで、
なにしろ二回戦に進めるのはたったの4名という天下一武道会本戦よりも狭き門。
その他大勢はホントにどうでもいいのだと思います。
その4名に残る可能性が高い者
op_704d.gif
ルーシー…素性を隠したわれらがルフィ。残留しないと話になりません
op_704e.gif
美しき海賊団”白馬のキャベンディッシュ”…ルフィより1年先輩のナルシス海賊
 こいつはイロモノなので、見た目通りかっこよく活躍する姿が想像できない。
 だから負ける気はしますが一応ランクイン。
op_704f.gif
剣闘士レベッカ…エロエロビキニアーマーの剣闘士
 コロシアム所属でドフラミンゴと因縁がありそう。
 すぐにフェードアウトは考えにくく、なにか物語の鍵を握っていそうです。
op_704g.gif
・億越えになったハイエナのベラミー…縁故枠での出場です。
 ワンピ世界で一度ルフィに敗北=信念を砕かれた者は死に等しい痛みと恥辱を受けるらしく
 再戦の機会があっても「こいつとはもう戦わない」…と、通常なるそうですが
 ベラミーは心根が腐ってますから、厚顔無恥にも雪辱に来る可能性はあります。
そして
op_704h.gif
黒ひげ海賊団一番船船長ジーザス・バージェス
 すでにAブロック勝ち抜け決定。
 2年前よりもさらに筋骨隆々となったバージェス
 ここに来たのは本人の腕試しなのか、それとも黒ひげの指示なのか。
 そんなことより問題なのは
 泣く子も黙る「四皇」黒ひげ海賊団と、一番船船長という肩書き
op_704i.gif
 ジンベエの話「世間ではすでに”四皇”の一人と位置づけられておる」
 ではまだ「世間でそういう評判になっている」くらいのニュアンスかと
 思っていましたが、名実共に”四皇”の一人とされているようです。
 なにしろ七武海と違って四皇には、なる条件が決まっていませんから
 世間でそう目されたら決定的なのかもしれません。
 そして2年前はインペルダウンLV6の脱走囚人を入れても10人だった黒ひげ海賊団。
 バージェスが“一番船船長”とは、現在いったい何人の部下を引き連れているのか。
 不要なものに興味がない現実・実力主義の黒ひげが
 艦隊を率いているかもしれないのは意外でした。
 「白ひげ」に対するアンチテーゼなのかもしれませんね。
今回は人物紹介ばっかりでお腹いっぱい。
それにしても2年前には、
op_704j.gif
屋根の上で吠えていたバージェスを一瞥しただけなのに
「チャンピオンの奴」と覚えているとは、たいした記憶力ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. タイヨウ より:

    タイヨウです。何回来とんねん。
    どんさん、さむらいさん
    ただの妄想が暴走してるだけなんで、あまり間に受けないで下さいね。
    戯言です。
    とりあえずバルトロメオ君の登場が来週か再来週か分かりませんが、その時を楽しみに待ちたいと思います。
    今週書いてないのが尾田先生ニクイなあもう
    僕は紙面を手にとって読みたいので、ここの速報やその他ネタバレ関連は一切見ません。
    なので月曜にジャンプ読んだらまたお邪魔いたします。
    ではまた来週

  2. さむらい より:

    タイヨウさんスゲー!w
    ONE PIECE 最高!!☆

  3. 名無し より:

    バーソロミュー…
    海外っていろんあ言語が飛び交ってるから
    そういうバレ方も案外普通なのかな…

  4. タイヨウ より:

    また来ちゃいました。タイヨウです。
    バルトロメオとバーソロミュー・くま。
    この二人は無関係でしょうか?
    ただ偶然名前が似かよっただけ?
    僕は二人はつながりがあるという方向で妄想を楽しんでます。
    バルトロメオのギリシャ語読み→「バルトロマイ」は「新約聖書」に登場するキリストの12人の弟子の1人だそうです。
    そう言えばバーソロミュー・くまはいつも「聖書」を手に持ってる。
    バルトロメオの「イカれた」というフレーズと
    くまの「暴君」というフレーズも雰囲気は似てる。
    バルトロメオはくまの息子?
    だとしたら革命軍とのかかわりは?
    ならばなぜメラメラの実を、、、?
    、、、、、、少し年をさかのぼったある日の事。
    くまさんは傷ついた10才の少年と出会いました。
    それは同胞のイワンコフ、ボスのドラゴンらと一緒にゴア王国を訪れたときの事です。
    傷ついた少年には同い年の兄弟と3才年下の弟がいました、、、、、、
    なんという偶然でしょう!
    傷ついた少年の弟とはボスのドラゴンの息子、、
    一方、同い年の兄弟は世界を震撼させる戦争でその命を落とす事になるのです、、、
    その戦争に参加していたくまさん。
    この時、悲しいかなくまさんの人格は失なわれていました、、、
    傷ついた10才の少年は、22才の青年に成長しました。
    会えないまま戦争で命を落とした兄弟のお墓参りも行きました。
    ある日、青年は死んだ兄弟の形見とも言える能力が見つかった事を知ります。ドレスローザのコロシアムで争奪戦になっているそうだ。
    くまさんは人格をなくしたまま、、、
    ドラゴンの息子は争奪戦の渦中に、、、、、
    さあ、青年は、、、、、、、、、、?

  5. どん より:

    “バルト”だった。
    “バトル”って書いちゃった。。
    これ間違えちゃうね。みんな気をつけてね。

  6. どん より:

    バトルロメオ=バーソロミュー!!!っ
    これはすごい発見だ!タイヨウさん凄過ぎ!
    つまり?革命軍関係?それとも熊の血縁?
    気になりすぎて爆発しそう

  7. BIE(管理人) より:

    それは非常に面白いですね。
    ポセイドンとネプチューンなど、言語圏・文化圏を越えると尾田っちはいいかげんな扱いをすることがしばしばありますが、
    バルトロメオは今回意味深にも姿を見せていませんから、
    含んだ意味がありそうですね。
    貴重な情報ありがとうございます

  8. タイヨウ より:

    ボニーさん
    海列車で行けるヤツだ♪
    ルフィ達みたいに世界中を旅できたら楽しいですよね。
    ところで世界の言語って面白いです。
    日本語と英語って全然違います。
    文法、語彙、発音、全てにおいて縁もゆかりもない。
    でも英語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語など欧米圏の言語って兄弟みたいなものです。
    根っこは同じで、それぞれの地域によって変化していった感じ。類似点、共通点は多い。
    名前で例をみてみましょう。
    「Michael」は英語ではマイケル
    フランス語ではミシェル
    ポルトガル語ではミゲルという発音になる。
    類似点ありますよね。微妙に変化していく。
    名前と言えば今週のワンピース沢山新キャラ出てきました。
    チンジャオ、サイ、ブー、ファンク兄弟、エリザベーロ2世、ダガマ、スレイマン、アブドーラ&ジェット、オオロンブス、キャベンディッシュ、バルトロメオ。
    バルトロメオ、、、、、???
    これはイタリア語で綴りは「Barthlomeo」です。
    これがギリシャ語だと、、「Barthlomaios」
    バルトロマイとなります。
    そして英語だと 、、、、、「Barthlomew」
    、、、、、、、、、「バーソロミュー」なんだな

  9. ボニー より:

    >タイヨウさん
    旅行するなら「カーニバルの町」サン・ファルド。「春の女王の町」セント・ポプラ。「美食の町」プッチに行ってみたいです♪

  10. BIE(管理人) より:

    アイアンボーイ・スコッチの番号云々の話はヤマカムさんが今日の記事で詳しく書かれています。実に興味深いです。
    ベラミーに関しては、仰るとおり当時ドフラのキャラが定まっていなかった疑いが濃厚です。
    しかし、残念ながらベラミーが厚遇されることはないような気がします。(根拠はありません

  11. shhn より:

    アイアンボーイの番号、モリアのゾンビ軍団を思い出しますね。
    モリアがぱくったのかな…
    ところで、一度敗北したはずのベラミーの再登場にはなんとなく作者の都合を感じます。思うに空島編の時点で作者はまだあまりドフラミンゴのキャラクターを決めてなかったんじゃないでしょうか。もしくは仲間内にも冷酷という設定だったか。
    しかし最近になってモネやヴェルゴ、ベビー5等への接し方で彼は仲間想いだというような描かれ方をしており、僕としてはベラミーに対する仕打ちとの間にギャップを感じていました。
    尾田先生は今回ベラミーを再登場させることで、ドフラはあの時もとどめをささずに部下にもう一度チャンスを与えた仲間想いなキャラクターとして昔と今の彼のキャラクターのギャップを取っ払おうとしているのではないでしょうか。
    通りすがりが勝手な妄想を長々とすみません苦笑
    個人的にはベラミー好きなので再登場は素直に嬉しいです。
    今回はワンパンKOされないでほしい…笑

  12. BIE(管理人) より:

    まぁ、もと海軍将校ですから
    大勢への反抗という意味で「赤旗」ならそういうことですよね。

  13. しめい より:

    「赤旗のドレーク」ってきいたときに、共産主義と結び付けられた読者は一人もいなかったろうな~。

  14. タイヨウ より:

    またまた来ましたこんにちは。
    前々回くらいの話のコメントでコロシアム参加者で
    ・ビックリするような過去キャラ期待
    ・マスクかぶった奴は要注意
    というような書き込みしましたがー
    来ましたベラミー!!ビックリしたーやっぱ過去キャラは熱い!
    紙袋で正体を隠してたのはバージェス!四皇黒ひげヤべエ!
    てか白ひげの残党たち来なくていいのか?
    君たちの愛したエースの能力が奪われちゃうよ!?てなもんだ
    でも本当に注目すべきはベラミーでもバージェスでもないという事、分かってますよ。
    この二人のサプライズは大ネタから注意をそらすための仕掛けでしょ?囮でしょ?ジャブでしょ?ねぇ尾田先生?
    参加者の中にヤバイやつが来てるね。
    来た来た来た来た来た来た来た来た!!!
    やっぱり来たじゃん!
    キミはあそこの一員でしょ!?
    「彼」の指示で来たんでしょ!?
    激アツ展開が待ってるぜ
    ボニーくんありがとう
    旅行するならどこに行きたい?

  15. ボニー より:

    タイヨウさんの推測,赤旗とドレークの関係,信憑性高いですね★☆扉絵と本編との関係がこれからの展開で徐々に明るみになっていきそうで楽しみです。
    管理人さんの仰るとおり,黒ひげは白ひげのアンチテーゼになっていると思います。ということは,やはりメラメラの実はジーザス・バージェスが手に入れるのだろうと思います。黒ひげも恐らく1番隊,2番隊…などと白ひげと同じようなチームを組んでいるのでしょう。黒ひげ海賊団の誰かがメラメラの実の能力を持ち,麦わら海賊団と戦うという構図を予想してみました。
    追伸
    レベッカの活躍にも期待ですネ★

  16. タイヨウ より:

    扉絵にアイアンボーイ・スコッチ登場しましたね。暴動鎮圧。
    スコッチ君、実は中々の強者で、ビッグマムの部下でいう所のペコムズ(三億越え)くらいの格はあるんではないでしょうか。
    四皇カイドウがお気に入りの島を任すくらいですから、ザコではないでしょ。
    ドレークの挑戦も返り討ちにしてると私は思う。スコッチが健在な所を見ると。
    ドレークも当時はまだ新世界では二億そこそこのルーキー。
    半熟者の挑戦はナエるでソワール(タマゴ談)
    ドレーク今、どうしてるんだろ?
    で、この島の労働者のリーダー、ガブル隊長ですが、管理人さんも書いてましたが明らかにチェゲバラを元ネタにしてる。
    ゲバラの革命って金持ちの支配者階級を倒して貧しい労働者の為の国をつくるという共産主義革命ですよね。
    ゲバラの色といえば「赤」なんですよ。
    彼がデザインされたポスターやTシャツは必ず「赤」です。
    フランス革命に赤い旗が用いられて以降、共産主義、社会主義、革命といえば赤い旗が定番ですね。
    赤い旗? 「赤旗」、、、
    誰かを思いだしませんか?
    そう言えばあのルーキーの通称は、、
    「赤旗」X・ドレーク!
    つながったなー
    なーんて扉絵だけで長々と楽しんですびばせんね

  17. pdn より:

    今回登場の首領チンジャオの頭に12、サイのお腹に13ってはいってますね。”18″との関連あるのでしょうか。フォントが違うので関係ない気もしますが…。

  18. のん より:

    キャベンディッシュ、なんとなくおもしろいことやってくれそうでちょっと楽しみですw
    ベラミーは、どこまで活躍するんでしょうか。前にドフラミンゴのシンボルに泥をぬった、なんてことがあったのでてっきりもう独立したのかと思ってましたが・・・。

  19. どん より:

    一般人かはともかく、悪魔の実をあやまって食べたって言ったら、バギーでしょ。
    キャベンディッシュは仮にも懸賞金2億8千万。しかも非能力者でありながらに。キャラ的にも面白いし。活躍してくれると思います!
    レベッカはタシギ的な立ち位置でしょう。
    決勝はルフィVSジーザス・バージェスだとして、
    気になるのは、イカレたルーキー“バルトロメオ”ですね。

  20. BIE(管理人) より:

    ゼファーにも2度負けましたね。
    若干の主人公補正はあるでしょうが、これは公式情報です。
    ルフィの場合は「信念を折られてはいなかった」のでしょうね。

  21. no name より:

    億越えになったハイエナのベラミー…縁故枠での出場です。
     ワンピ世界で一度ルフィに敗北=信念を砕かれた者は死に等しい痛みと恥辱を受けるらしく
     再戦の機会があっても「こいつとはもう戦わない」…と、通常なるそうですが
     ベラミーは心根が腐ってますから、厚顔無恥にも雪辱に来る可能性はあります。
    とおっしゃってますが
    ルフィはクロコダイルに2度敗北していますよ
    それともこれはルフィに敗北した者のみに限っていらっしゃるのですか?

  22. BIE(管理人) より:

    >アイアンボーイ スコッチ
    そうでした、そんな名前付いてましたね。失念してました。
    イエティ兄弟は結局顔出てこなかったしなぁ・・・
    なんとも言えないですね

  23. クラッチヒッター より:

    ワンピース最終研究4という本を読んで
    知ったのですが、
    NO18の男の名前は
    ONE PIECE deep blueにより
    アイアンボーイ スコッチというようですね。
    その本を読んで気付かされたんですけど
    雪山のクールブラザーズの片方も
    スコッチという名前と
    同じ名前のキャラが2人いるって
    なにか意味するものがあるんですかね?
    単なる偶然だと思うけど
    オダッチの考える事は
    予想を遥かに越えてくるからなぁー笑

  24. 唄種 より:

    キャベンディッシュ、最初女かと思いました。尾田先生の描く美形の男ってこんなのなんですね。

  25. きれん より:

    他の剣闘士がレベッカを茶化している内容から、実はレベッカの
    腕っ節はあまり強くないと予想します。
    でも不屈の闘志は誰にも負けないような剣闘士なんだと思います。

  26. チョコ より:

    本物のガブル隊長がどんな人物か分からないので推測ですが
    あのおばあちゃんはガブル隊長(と勘違いされてるカリブー)を
    思いやって島から逃がそうとしてたのかもしれません。
    部下に担ぎ上げられてカイドウに反抗するような危ないことは
    もうやめて、他所で平和に暮らしなさいという感じです。
    だから部下を追い払ったと。。

  27. スズキ より:

    そういえばチョッパーとかロビンとかって
    どんな経緯で食べたんでしょうね。
    嫌がってたし、能力の事。
    不幸にも知らずに食べてしまう人も
    普通にいたのかもしれないですよ。
    それでハジかれ者になったとか。
    なんせ「悪魔の実」だし…
    美しき海賊団”白馬のキャベンディッシュ”
    はワンゼやデュバルの逆になると思う。
    美しき顔が変えられて海賊やめるとか。

  28. BIE(管理人) より:

    ホンマや!! 超盲点www

  29. 幻獣 より:

    誤って悪魔の実を食べてしまった一般人てルフィじゃない?

  30. BIE(管理人) より:

    あぁなるほど。
    白ひげ傘下の面々などは今後の使い方が難しそうだし
    そういう使われ方する可能性ありますね。
    そうなるとマルコの能力を引き継いでるのはラフィット・・・かな

  31. smith より:

    黒ひげ海賊団は10人しかいないのに
    能力者狩りをして(恐らく実を集めて)いるとはこれいかに・・・
    と思ってましたがめっちゃ人数増えてそうですね。
    大人数な分、実も片っ端からたくさん欲しいわけですか。
    バージェスも過去に出てきたおなじみの能力持ってたりするのかな。
    体格的に、ダイヤモンド・ジョズのあれとか・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2013 All Rights Reserved.