Cogito, Ergo Sum

キャシャーンSins 06話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

冒頭のシーンは前回のアバンタイトルの続き
本編はディオ登場からです。
破壊し尽くさなければ治まらないのは、お前がキャシャーンだからだ。
だがそんなことはどうでもいい・・・って
良くないよ! ちっとも良くないよ。ちゃんと説明してくれよ。
せっかくストーリーが動き出すかと思ったのに謎のキャラクターが増えただけかよ!
ディオのデザインはキャシャーンをベースに
肩幅が広くて黒くてとがった、いかにも悪役っぽくアレンジされた感じ
左の角(?)が折れていることと顔に傷があるのがポイントですね。
すべてを支配するとか言ってます
命のカラクリ
お前はルナを殺しておきながらわずかな滅びの兆候さえ見せていない
その秘密を解き明かせば世界は救われる
ってことはディオは不死身の肉体ではないってことでしょうか
ま、不死身なら顔の傷は残ってないだろうし
何やら因縁があるようなので、傷を付けたのもキャシャーンなんでしょうね
僕を殺してくれ
言われずとも殺してやる
いくら強いと言っても殴る蹴るだけじゃキャシャーンを破壊できないことは
テメーもわかるだろうに・・・モタモタしてたらリューズに斬られちゃいました
やはりすぐさま再生する能力は無いのか、崖の上のドロンジョ様がさらって逃げました。
勘違いしないで!アンタを殺すのはアタシなんだからねっ!
予想通り、リューズはツンデレ化
噂ではルナも不死身だった。(オージ談)
今回も謎はひとつも解決せず、新しい謎ばかり増えました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2008 All Rights Reserved.