Cogito, Ergo Sum

アニメ版 第454話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

シャボンディ諸島にてバーソロミューくまに、バラバラに飛ばされた麦わらの一味
原作では、どこへ飛ばされたかは、まず本編で触れられ
その後、各メンバー2回ずつの集中連載で描写されたのですが
2回こっきりで多くを語られなかったため、例えばゾロ編など
気になるけどその詳細はいつ明かされるのか分からず困惑するものもありました。
先週の放送では、ナミとフランキーの顛末が語られ
ナミは地上に降ろしてもらえたけどウェザリアにもう少し残ると決意し
フランキーは紅茶では力が出ないのでコーラを求めてベガパンクの研究所へ
踏み込んだとたん何かを見つけ「何だこりゃ」で続きましたが
今回はその続きではなく、サンジ編・チョッパー編なのです。
op_anime454a.jpg
カマバッカ王国 女王代理:キャロライン
島を出たければ私を倒せと言うキャロラインに
オカマの資質を徐々に開花されていくサンジ
op_anime454b.jpg op_anime454c.jpg
ええ~~~・・・・・そうなん?
扉絵シリーズで見たときには
何かサンジなりに考えがあってやっているに違いない
と思う以外に納得できなかったこのカット
onepiece56_0544.jpg
op_anime454d.jpg マジでした。
何?このヤケクソ感
ここまでやっちゃうからには尾田ッチも了承済みなのでしょう
(というか、そもそもの尾田ッチの意図がこうだったということか)
ショックです。・・・笑えません。
チョッパー編は、・・・もうどうでもいいです。
ロビン編とゾロ編に期待します。
ところで、
かつて大人の事情で改名されたMr.2の「スワン拳法」は
アニメのインペルダウン編でも「スワン拳法」だったのでしょうか。
もう、いいよね。 オカマ拳法で。

この記事を書いている人 - WRITER -

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第60話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

原作:98話ちょっとだけ、103話~104話終盤まで
ラジオキャピタルに潜伏中の部隊に
ネゴシエイターのフリして合流するデニー・ブロッシュ軍曹
コミック見てない視聴者はおそらく誰だか覚えてないと思われ
こういう表現は嫌いじゃないけど
hagane_60a.jpg
ここをよりコミカルにする必要があるかどうかは疑問。
フラスコの中の小人に対しメイ
プライドに対しエド&アル の布陣で勝負をかける
hagane_60b.jpg hagane_60c.jpg
なかなか整った絵柄と綺麗なアクションで好感が持てますが、このシーン
hagane_60d.jpg
コミックでは、只ならぬプレッシャーに押しつぶされそうになりながら
戦うメイの様子が見て取れるところ、今作にはそれがなく
己を知らぬただの無鉄砲のように見えるのは残念
そのころスカーはブラッドレイ大総統と対峙
フラスコの中の小人の手駒としての役割をすべて終え、
死を目前にして、ようやく自らの享楽に身をゆだねることができることに
喜びを感じるブラッドレイ
hagane_60e.jpg
コミックで背景が真っ白なのは「何も要らん」の言葉通り達成感と満足感
ブラッドレイの心境を表しているのだと思いますが
hagane_60f.jpg
アニメでは背景がしっかり描き込まれているためいまいち伝わってきませんね
hagane_60g.jpg hagane_60h.jpg hagane_60i.jpg
激しい死闘は終始ブラッドレイ優勢で進み
とどめの一撃を刺す刹那、スカーが左手で錬成
hagane_60k.jpg
お披露目:再構築の錬成陣 デザインが簡略化されているのは仕方ないですね
終盤の緊張感の中、このアイキャッチはどうなん?
hagane_60l.jpg
メイの脚、変な方向いてるし
回復中のメイ、コミックではもう死にかけくらいのところを
hagane_60m.jpg
弱々しい錬丹術でなんとか回復をはかっている感じなんですが
hagane_60n.jpg
アニメではそりゃもうすごい回復呪文の詠唱中って感じで、なんだかなぁ。
CM明けからメイがかわいくなくなってるし
hagane_60o.jpg
え・・・と このアルの目は、ひょっとして微笑みかけてるんですか?
hagane_60p.jpg hagane_60q.jpg
エドのパチキでプライドの肉体(入れ物)に限界が。
このシーンのセリフの被せ方はコミックの方がセンスがいいと思う。 
グリードの乱入もありましたが、その甲斐無く
hagane_60r.jpg 国土錬成陣発動
hagane_60s.jpg
この二人の死に様が恐ろしすぎる。金田一少年の事件簿かと思った。
hagane_60t.jpg hagane_60u.jpg
結局「約束の日」ってのは、どういう事だったんでしょうか。
国土錬成陣を使い巨大な扉を開き、
月と重なって完全体となった太陽=神の扉をそれに呼応させ開き、
神の真理を引っ張り出して我がものとした
 ってことでOK?
さてストーリーがかなり早足になってきました。
来週発売のガンガンに掲載のコミック最終話は150ページだとか
アニメよりも先に終わらせるために、かなり無理しましたね。
しかしアニメはアニメであと3話でそれらを全部消化しきれるんでしょうか。
注)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST のレビューは
「コミックとアニメはあくまで別物」という大前提のもと、
今回の再アニメ化に際しては原作準拠のストーリー展開で。という製作趣旨をあえて真に受けて、
コミック版との比較をしてみようというスタンスで書いています。
決して原作マンセーな人ではありませんし、アニメスタッフに喧嘩を売るつもりもありませんが
思ったことは言うというブログ自体の姿勢は崩すつもりもありませんので
ファンの方には、しばしば不愉快な思いをさせることがあると思います。
それはもう、ご了承ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. (アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第60話 「天の瞳、地の扉」

    鋼の錬金術師 Festival ’09 [DVD]クチコミを見る
    ついに5人の人柱がお父様のもとに出揃う。だがエドやアルたちはあきらめず、メイ共々、国土錬成陣の発動までにお父様やセリムを倒そうとする。同じ頃、別の場所でブラッドレイとスカーの戦いも始まった。重症を負っていたブ….

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2010 All Rights Reserved.