Cogito, Ergo Sum

仮面ライダーW 第25話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

Pの遊戯人形は手癖が悪い
w_25a.jpg
どこからかフィリップに送られてきたギジメモリ
ギジメモリはアルファベットの頭文字が書かれてないのな
w_25b.jpg
と、一昔前のDocomoの携帯なみにぶ厚い取説にしか見えない設計図
ダブルもシュラウドと繋がりがあるのか、
それとも照井の話を聞いてその可能性をはじめて考えてみたのか。
w_25c.jpg お姉ちゃん人形の声をきいて。
あたしリコ。パパはリビアで大使をしてるの。(杉山佳寿子声で:嘘)
バンダイ的に微妙なことしてるな。タカトミに怒られないようにね。
w_25e1.jpg w_25e2.jpg
亜樹子ー、うしろー!
w_25f.jpg
顔は怖いがフライパンで叩く、頭突き、ビンタ、耳を舐める、すねを蹴る
窓から蹴り落としたと思えば所詮2階(ちゃんとメモにも201号と書いてあった)と、
とても殺そうとしてるとは思えない
w_25g.jpg
殺人未遂の疑いをかけられる亜樹子、しかし殺人容疑なら超常犯罪捜査課の管轄外
同じようなケースで照井に心当たりがあるから出張ってきたなら
他二名が無能すぎるし、
亜樹子がとりあえず知ってる刑事に連絡したというところか。
w_25i.jpg
タブー姐は今日も今日とて井坂センセーとエロ密会
井坂に野望を見抜かれたことで
若菜へのイライラが現実のものとして1段上がったかも
なんとなく先送りにしていた問題点と図らずして直面させられたようです。
w_25j.jpg フロッグポッドの設計図
これCAD図面とか紙面レイアウトとかロゴデザインとか
全部シュラウドがひとりでやってるんだろうか・・・
ゴキブリ同人漫画家よりやってることが細かい
w_25k.jpg
金属板から全部手作業でやるのかフィリップすごいな。
リボルギャリーもこうやって地道に作ったんだろうか。
w_25l.jpg
CPUはさすがに送られてきたのかロゴ入りです。
w_25m.jpg
刃さんが言うとおりグチ垂れてる翔太郎はみっともない。
前回は騙されて、砂浜で追いかけっこして、変態メイクだったし
最近どんどん主役の地位が下がってきてますね。
w_25n.jpg
撒いた餌に早速食いついたのか風都署に送られてきた人形
これまでは子どもの嫌がらせみたいだったのに
w_25o.jpg w_25p.jpg コレはアカンやろ
果物ナイフなら課室にあったかもしれないが軍用ナイフは無いな
しかも振り回してこっち来るって・・・怖すぎるやろ
w_25q.jpg アクセル何撃ってんの?
エンジンブレードって射撃モードあるんだ
w_25r.jpg 出番の少ないスパイダーショック活躍
蜘蛛の子を散らすように出て来た小さいのは何だ
しかしガジェットはまんべんなく上手く使われてるなぁ
w_25s.jpg
エンジンじゃなくて轢痕が残るアクセルのメモリブレイクは2回目の登場
w_25t.jpg
人形を操るパペティアードーパント
マスカレード並に安上がりなスーツだな

この記事を書いている人 - WRITER -

モスライスバーガー鶏つくね

 




この記事を書いている人 - WRITER -

久しぶりにモスバーガーへ行った
何だか知らないがMOS-1 CUP 2009だかいうよしもと絡みのイベントで
グランプリを取ったらしい「モスライスバーガー鶏つくね」
2月5日から期間限定で販売されている。
僕は22年前にモスバーガーでバイトをしていたんだが
その時、新メニューとして颯爽と(?)登場したのが
モスライスバーガーで、当時はつくね1種類しかなかった。
その頃、市場にライスバーガーなんてものは出回っておらず
いろんな意味でとても斬新で画期的な新商品だった。
うちの店では発売前に全スタッフに試食をさせてくれたのだが
単純に「ちょっと変わってるけど美味しい」というイメージだった。
全店総力を挙げてライスバーガーをプッシュしろという本部からのお達しで
オーダー取った数をグラフにして競わせるなど
ハードカバーのダイアリーとマグカップが当たるキャンペーンを餌に
全スタッフ必死でセールスしたものだったが
しかし、およそハンバーガーという食べ物と合致しないスタイルへの戸惑いと
非常に崩れやすいライスプレートの形状破綻をはじめとする様々な要因から、
食べ残して帰る客が続出。非常にセールスしにくい商品だった。
現在、レギュラー商品ラインナップにあるライスバーガーは
焼肉・海鮮かき揚げ・きんぴらの三種類
個人的には海鮮かき揚げがオススメだが、
三種類とも具とごはんの相性を的確に捉えたとても美味しい商品だ。
そんな現状と照らし合わせて記憶を辿れば、原典でありながら
つくねのライスバーガーは中途半端に「ハンバーガー」の概念に捕らわれた
いわばライスバーガーの黒歴史といってもいいアイテムだったと思う。
それがここへ来て復活である。
しかも並み居る強豪を抑えて一番美味しかったという。
嘘だ。
そんなことあるわけがない。
決して不味いものではない。
僕も当時美味しいと思った。時代を先取りしすぎただけだと。
しかし下手をすれば
「あれは美味しかったよなぁ」より「食えなくて残した」と記憶する人が
たくさんいるかもしれない黒歴史。
当時「具」として挟まっていたインゲンも姿をひそめ
ほかの商品と同じ材料で作れるように原価を抑え、味付けもシンプルで地味
見た目や味のファ-ストインプレッションに厳しい昨今の若者たちに
他の商品より支持されるなどありえない。
これはきっとモス広報か広告代理店のアイデアによるキャンペーンに違いない。
いや、まぁ広告代理店の提案だろうが創業者の鶴の一声だろうが
20年来のファンとして、モスブランドに定着する美味しいメニューは大歓迎だ。
何か新しい「流れ」を模索しているのなら、
そこに部外者が口を挟むべき事ではないのかもしれない。
だとしたら
ライスバーガー鶏つくねの世間の評判を待ってみるのもいいかもしれない。
しかし、それならそれで別の問題が起き上がるのだがそれはまた別のお話。

この記事を書いている人 - WRITER -

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

原作:85話中盤~86話
hagane_47a.jpg
カナマのスラムに到着したエド一行、ホーエンハイムと合流
エドがホーエンハイムに向かって「明日が約束の日なんだろう」
と言っていますので、“約束の日”関連の情報元はグリードで決定ですか。
hagane_47b.jpg
「明日、日蝕が起きる。あいつはそれを利用する」
コミックで明言していないことをことごとくバラしていますが
その意図は何でしょうか。
それにここでエドにきっちり話すなら、
足元ばかり見てないで上を見れば分かることもあるとか
アルにもぼかさず教えてやればよかったんだ。
マイルズ少佐が知っていたのは、ホーエンハイム発イズミ経由と思われるが
あと1クールもあるんだから、
マイルズまで動員して、明日・明日と強調しなくてもいい。
トリシャとホーエンハイムの約束
hagane_47c.jpg
ここははっきりさせなくてもいい部分ですが回想入りました。
ま、わかりやすいですけどね。
ていうか、“約束”って本当にこのセリフのことなのか?
何の疑いもなく、なんとなく聞き流したけど、こうあからさまに
「二人の約束ってのは“待っててくれ”“はい”のことだよ」と明言されると
本当に正しいか疑問になってきた。
バズクールでのケガ以降エドの髪型がずっとポニテです。
hagane_47d.jpg
コミックではポニテなのはリゼンブールで潜伏していたときまで。
カナマに付いたときは編み込んでます。
これは、ケガしてて髪を結う余裕がないとかはもちろん
くつろいでいるときは解いているとか、動きやすいようにまとめるとか
コミックではちゃんと意味があるように思います。
コミック版でカナマに着く前にすでに髪を編み込んで来たのは
以前ホーエンハイムに
hagane_47e.jpg と言われた事へのささやかな抵抗じゃないかと思われます。
コミック版のこういう細かい描写は好き。
そこまで忠実にという気はないけどね。・・・と思ったら
次のシーンで編んでる。
イヤイヤイヤイヤ、いくらなんでもそれはタイミング的におかしいやろ。
理解できることは「この2シーンは作画した人が違う」ということだが
誰が描いていようが
髪を結ったエドとポニテのエドの2種類の設定画があるとしたら
使い分けがされないのは意味がない。
たぶんどちらかを作画した人が先入観で間違った髪型を描いたということだ。
あと細かいことだが、編み込んだエドの髪
hagane_47f2.jpg hagane_47f1.jpg
編みはじめが、ずいぶんゆったりとしていて太い。
こうなるのはよっぽど毛質の固い人か、よっぽど長い髪を編んでるとかで
決してエドのイメージではない。
今作におけるこのシーンでエドの髪は編んでいるのが正しいのか
ポニテが正しいのかは別としても、この編み込みエドを描いた人は
設定画をきちんと読み取れていないと言わざるを得ない。
今作ではセリムとプライドが描き分けられてません
hagane_47g.jpg
全然悪いヤツに見えないのは、もう少し分かりやすくできませんかね。
お互い感覚だけが頼りの、暗視下によるグラトニーとゴリさんのバトル
hagane_47h.jpg
これは格闘戦のさなかにウロウロしてるエドが悪い
コミックの方が分かりやすかったけど、これはこれでよし。
hagane_47i.jpg そしてランファン帰還
もう少しかっこいい決めポーズとかできなかったか。三段抜きとか?
注)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST のレビューは
「コミックとアニメはあくまで別物」という大前提のもと、
今回の再アニメ化に際しては原作準拠のストーリー展開で
という製作趣旨をあえて真に受けて、
コミック版との比較をしてみようというスタンスで書いています。
決して原作マンセーな人ではありませんし、
アニメスタッフに喧嘩を売るつもりもありませんが
思ったことは言うというブログ自体の姿勢は崩すつもりもありませんので
ファンの方には、しばしば不愉快な思いをさせることがあると思います。
それはもう、ご了承ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Comment

  1. (アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話 「闇の使者」

    鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る
    カナマという集落にて、エド達一行はホーエンハイムと再会する。エドはホーエンハイムより、彼の身体の秘密や、お父様が翌日起こる“日蝕”を利用して、真理の扉を開けようとしている事を聞かされ….

  2. ■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話「闇の使者」はコチラ

    ■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話「闇の使者」はコチラ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2010 All Rights Reserved.