Cogito, Ergo Sum

機動戦士ガンダム00 S2 第14話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

新オープニング
ずいぶんポップな声と曲調。作品の雰囲気にあっていないような気が。
ヴォーカルが相川七瀬にしか聞こえない
目が怖い連邦のスポークスマン
連邦そのものがアロウズの指揮下に入るとかすごいこと言ってますが
いくらなんでも無理があるでしょう
そりゃクーデターも起きるわ
前回の戦闘後はげしく迷子になった刹那、ネーナと再開
いい男になっちゃって、ネーナドキワク(はぁと)
トレミーはメメントモリを落とした償いで撃墜(?)されたそうな
二度とマリーを戦闘に参加させないで
んー…でもアーチャーに乗ること、もう分かってるしなぁ
アロウズがトレミーの位置を正確に把握していた理由
他人がスパイかどうかを疑うあたり、
やはりアニューはイノベイターの自覚はないようですね
発信器はあなたですよ
刹那、地上でアルケー発見。
クルジスまでおびき出されてリボンズとご対面
11年前オーガンダムに乗っていたのがリボンズ
刹那をマイスターにさせたのも彼の計らいだった
君の役目は終わったんだからその機体を返してよ
僕が一番ガンダムをうまく使えるんだって感じ?
セラヴィーの背中の人、遂に登場
セラフィムガンダム
そのギミックと満を持した登場の仕方はいいとして
顔のデザインも少しなんとかならなかったですかねぇ
トランザムに圧倒されるサーシェス
カタロンの輸送機をモノ質に。
乗っているのはクラウスとシーリン。ガンダム!?
アルケーひと目見てガンダムと見破れるって不自然だけどまぁ置いとく
あと一押しでサーシェス倒せたのに
その瞬間、マリナの呼びかけが聞こえて手が止まる刹那
歌が聞こえる
って傷ついた兵士や避難民への慰問の効果もあるでしょうが
こんな垂れ流しじゃ、また基地が危なくなりかねないし
刹那の邪魔するなら出てくんなよ
さらなる新型MAエンプレス
いずれルイスのものとなるプロトタイプ って何で敬語よディバイン
ってことは、ルイス=クェス 沙慈=ハサウェイの図式か
ダブルオーの力は伊達じゃないわけですね
ブシドー専用MSマスラオ
見事なゾウケイだ。造型? 造詣?
どちらにしても趣味悪い
カタギリさんゴミはゴミ箱へ。あと、そういうことは家でやれな

この記事を書いている人 - WRITER -

仮面ライダーキバ47話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

ガチンコ勝負で太牙を圧倒する渡
もうやめよう!これ以上やっても無駄だ。僕の方が強い!
愛情のカケラもない言葉を吐きました
許さんぞ渡。もうお前を弟とは思わない。
未央の死で盲目的に渡を敵視していた態度を改め、自らの責任をも問うた太牙
そして改めて”けじめ”としてつけた決着でコレでは太牙が可哀想すぎます
過去キング復活の場所はイクサが沈んだ例の場所
かっちょ悪いオブジェが目印ですが、22年前湖畔だった場所に
どんな天変地異が起きたら崖の上に変貌するんでしょうか
ところで、同じ場所にした意味あんのかコレ?
嶋さん生きてた
vsサガ戦で、砕け散る描写が無かったのが気になっていましたが
本当は心の底に優しさを秘めている太牙は嶋さんを殺せなかった
というのはともかく、
連れ帰って元に戻されていたというのは、相当無理があるよな
社長辞任を要求します。
あーそういえば社長だった。正直どうでもいい
教えて母さん、あれから父さんは…
渡が過去に行く前と、過去でしてきたこと(過去に存在したこと)、
帰ってきてからの現代で時間軸が同じになってることに少し違和感が…
まぁタイムパラドックスは言い出すとキリないから深く考えないようにしよう
私があなたの目になる
恵と名護さんの関係を分かりやすく近づけるにはいい展開だけど
日常生活ならともかく戦闘はそりゃ無理だろ
敵のいる方向だけ分かってもな
みんな僕から去っていく
絶望寸前の太牙、真夜を刺しました
どうやらお前には俺が必要なようだな
出ましたコウモリ野郎、今までどこにいたんだ
ってか真夜の眼帯の謎は放置?
ここに宣言する。今から僕が新しいキングだ!
えー!
いや、ラスト1話でこの展開ってのはいいんだけど
前回、精神と時の部屋から出てきた悟空親子のように
すがすがしい顔で超パワーを予感させた渡の悟りは
ベクトルがいささか違ったようです。
思わせぶりなだけだと思うんだけど
最近流行りの自分を悪の象徴たらしめて人類をひとつにまとめさせる
というようなまわりくどい展開も無いでしょうし、どうなる次回最終話
余談だけど
エンペラーのデザインがゴテゴテな分、余計にそう思うのかもしれませんが
サガってウエスト細くてスリムでカッコイイよね。
スーアクは永徳(えいとく)って人らしいけど今後に期待します。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 我思う故に・・・新館 , 2009 All Rights Reserved.